スイス・ジュネーブのイベントにマスク姿で出席した、テドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長(2020年6月11日撮影)。(c)AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は22日、オンライン上で開催された会議で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)はいまだに加速しており、その影響は今後数十年も感じられることになると述べた。

 アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)当局が主催した保健分野に関するビデオ会議で同事務局長は、世界が直面している最大の脅威はウイルスそのものではなく、「地球規模の結束とリーダーシップの欠如」と指摘。

「分断された世界ではパンデミックを打ち負かせない」「パンデミックの政治問題化が事態を悪化させている。われわれが皆安全になるまで、われわれの誰もが安全ではない」と話した。

 さらに同事務局長は、「パンデミックはいまだに加速している」と発言。

「パンデミックは保健分野の危機を超えたものであり、経済的危機、社会的危機、また多くの国々では政治的危機でもある。その影響は数十年にわたって感じることになる」と語った。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
コロナ流行「危険な新段階」とWHO 新規感染が過去最多に
「世界はWHOに耳貸すべきだった」 テドロス事務局長
【解説】台湾はなぜWHOから排除されるのか? 今後の見通しは?