【THIS IS MY CLUB】結果を残して恩返しをしたい|富澤雅也(長崎)

写真拡大

 DAZNと18のスポーツメディアで取り組む「DAZN Jリーグ推進委員会」が、その活動の一環としてメディア連動企画を実施。Jリーグ再開に向けて、「THIS IS MY CLUB -FOR RESTART WITH LOVE- Supported by DAZN Jリーグ推進委員会」を立ち上げた。サッカーキングでは、V・ファーレン長崎で在籍最年長となる富澤雅也選手に“クラブ愛”について語ってもらった。

インタビュー・文=出口夏奈子
写真提供=V・ファーレン長崎

――在籍7年で昨年まで在籍年数トップだった高杉亮太選手が栃木SCへ完全移籍したことで、富澤雅也選手がV・ファーレン長崎での在籍年数でトップになりました。2016年に加入して今年で5年目を迎えますが、ご自身の在籍年数が最長だということはご存知でしたか?

富澤 実はこの取材をいただく前から知っていました。ただ、僕も新卒で入ってまだ5年目なので、チームを引っ張るとか、そういった意識が芽生えているかというと、あまりそうではないんですよね。だから正直、僕が「“クラブ愛”を語る」という今回の取材を受けてもいいのかなっていう不安のほうが大きいです(笑)。

――そこは安心してください。しっかりと“クラブ愛”を引き出していきたいと思います(笑)。富澤選手がクラブに加入してからのこの4年というのは、クラブにさまざまな変化が訪れた、まさに激動の期間だったと思います。改めて振り返ってどんな日々でしたか?

富澤 本当に激動という言葉が当てはまると思います。僕が長崎に加入した当初のクラブは、ここまで大きな規模のクラブではありませんでした。特に2017年に起きた経営問題の時にはクラブの存続危機で、それを乗り越えて、今の安定したクラブ経営があります。そのおかげで、僕たち選手もサッカーに専念できていると思うので、まさにクラブ史に残る激動の日々を過ごさせてもらっていると感じています。

――この4年の間には、J1への昇格、そして1年でのJ2降格という、喜怒哀楽も経験することになりました。富澤選手自身は、まだ加入間もなかったこともあって、なかなか試合に絡めない時期ではありましたが、チームの一員として味わったJ1昇格、そしてJ2降格はどんなものでしたか?

富澤 J1に上がった時は本当にうれしかったです。それに、長崎のクラブとしての歴史が他のクラブと比べてまだ15年と浅い上に、J1に昇格するまでの成長スピードを考えると、ものすごく誇れることだと思います。残念ながら1年でJ2に降格してしまいましたが、それでもJ1で戦った経験というのは長崎にとって、とても大きな財産になったと思いますし、僕たちのクラブのこれから先の100年に向けて、物凄くいい経験ができたんじゃないかなと思っています。

――富澤選手はプロになって最初の監督が高木琢也氏で、昨年からは手倉森誠監督になりました。チームの目指すサッカースタイルはどう変化されましたか?

富澤 高木さんの時は、より献身的にチーム一人ひとりがハードワークをして、チームのために何ができるか、というところでは、一人ひとりが責任を持ってプレーするスタイルでした。手倉森監督は、より質というところで、もっと一人ひとりで状況の判断能力を上げる、プレーの質にこだわる。一人ひとりの成長がこのチームには欠かせない、チームのために一人ひとりが成長するんだという思いで、今取り組んでいるところです。

――ちなみに富澤選手はいつからGKをやっているんですか?

富澤 小学4年生からサッカーを始めたんですけど、その頃からGKをやらせてもらっていました。ただ小学生の頃は、GKだけというよりはフィールドもやらせてもらっていましたけどね。

――出身の神奈川県にはサッカーの名門校がたくさんある中で、わざわざ群馬県の強豪・前橋育英高校に進学されていますよね?