【THIS IS MY CLUB】アビスパスタイルを貫く|長谷部茂利監督(福岡)

写真拡大

 DAZNと18のスポーツメディアで取り組む「DAZN Jリーグ推進委員会」が、その活動の一環としてメディア連動企画を実施。Jリーグ再開に向けて、「THIS IS MY CLUB -FOR RESTART WITH LOVE- Supported by DAZN Jリーグ推進委員会」を立ち上げた。サッカーキングでは、アビスパ福岡を率いる長谷部茂利監督に“クラブ愛”について語ってもらった。

インタビュー=三島大輔
写真提供=アビスパ福岡

――新天地・アビスパ福岡での初戦はいきなりの“ダービー”でしたが、そこを勝利で終えていい形でシーズンに入った矢先で、新型コロナウイルスの影響によりJリーグが中断してしまいました。緊急事態宣言が全国に発出され、チームの活動さえもできなくなってしまった中、約2カ月間、ご自身はどんなことをされていましたか?

長谷部 選手たち同様、私自身も外出自粛をしていました。ただ、その中でできることを考え取り組んでいました。Zoomを使ったリモートワークを行いつつ、選手には自主トレ用のトレーニング項目にポイントをつけて渡して、「何ポイントまでは各自、自主トレの中でやってください」といった線引きをしていたのですが、選手たちもそれにきちんと取り組んでくれていました。

――トレーニングの設計や今後のプラン、対戦相手の分析なども行っていたのでしょうか?

長谷部 いつJリーグが再開するのか、対戦相手がどこになるのか、それらが分からない状況では、対戦相手についての分析はできません。ですから、対戦相手というよりは、自分たちのこれまでの内容やこれから向上しないといけない部分を中心に考えていました。それと、コンディショニングを上げることはほぼ不可能に近いですが、少しでもコンディションを落とさず維持できるように、働き掛けを行っていました。

――監督ご自身も遠征やキャンプでなかなかご家族と過ごす時間も少ないので、この期間は少しゆっくりと過ごせたのではないでしょうか。

長谷部 そうですね。家族と一緒に過ごす時間が長かったので、そこは良かったなと思います。ですが、その反面、独身者や単身で福岡に来ている人間にとっては少し苦しかったんじゃないのかなとも思いますね。

――ここまでピッチから離れることは過去になかったと思うのですが、長い期間ピッチから離れて、気づいたことは何かありますか?

長谷部 普遍的なものは間違いなくあるので、そこを突き詰めていかないといけないと改めて感じましたね。ボールを扱う技術だけではなく、戦わないといけない、走らないといけない、基礎体力は当然高くないといけない。当たり前のことですが、そういう部分は不変だと思います。チームには、戦術や最新のサッカーを海外から取り入れる人間がいます。そういった中で、自分たちのやり方を作っている状況です。結果がどうなるかは分かりませんが、それをこれからピッチで表現していきたいと思っています。現実的に試合で勝つために何をしたらいいのかと逆算しながら、すべて勝つことは難しいですが、そこに向かって、練習も含めて考えて構築しているところです。
 

 
――監督自身、昨シーズンは水戸ホーリーホックの監督として、J1まであと一歩のところまでチームを押し上げましたが、今シーズンは新たにチャレンジする道を選びました。その理由は何だったのでしょうか。

長谷部 まず、水戸で継続してやる、と考えは確かにありました。ただ、もう一つチャレンジ意欲を掻き立てられたというか、「福岡で監督をやらないか」というお話をいただいた時に、九州へ行って福岡で仕事を成し遂げたいという思いのほうが強かったのです。決して水戸を離れたかったということではありません。福岡へ行くということのほうが、さらに難しい仕事であるがゆえに挑戦したいという思いが強かったということです。