家族で外出を楽しんだ様子のイニエスタ。(C)Getty Images

写真拡大

 ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、家族で外出し、カフェを楽しんだことを報告している。

 新型コロナウイルスの影響で中断していたJリーグも再開が決まり、神戸は7月4日にホームでのサンフレッチェ広島戦を控えている。6月21日もチーム単位でトレーニングが行なわれたいたようだが、翌日はオフを与えられたようだ。

 イニエスタは22日に自身のインスタグラムを更新し、街中のカフェで楽しむ一家の写真とともに、「エネルギー充電中」と日本語でコメントを添えている。

 写真はカフェのオープン席で撮影されたもののようで、イニエスタはラフなスタイル、ベビーカーに横たわる次男と妻のアンナさん、さらに二人の娘さんと、バルセロナのユニホームに身を包んだ長男が仲良くテーブルを囲んでいる。

 新型コロナウイルスの感染拡大抑止のため、外出自粛などが長く続いていたが、イニエスタ一家も久々のファミリーでの外出だったようだ。

 ファンからは「試合楽しみにしてますよー。にしても良い家族」「奥様もお子さんも可愛い」「素敵な写真!神戸で楽しんで」「家族でリラックス。良い日を!」などの声が寄せられている。

 1試合を消化したのみで中断していた今季のJリーグ。無観客で行なわれるリモートマッチだが、念願の再開はすぐそこに迫っている。束の間の休息だろうが、家族との時間を設けたことで、イニエスタもエネルギーを充填することができたに違いない。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部