ANAが保有する総2階建ての旅客機、エアバスA380型機「フライングホヌ」、「ハワイの海」をイメージした2号機が、3か月ぶりに日本を飛び立ちました。ところがこのフライト、乗客はいません。なぜそれなのに飛ばすのでしょうか。

3機のA380「フライングホヌ」いまどうなっている?

 ANA(全日空)が保有する総2階建ての旅客機、エアバスA380型機「フライングホヌ」が、2020年6月22日(月)、およそ3か月ぶりに飛行しました。

 ANAは、2019年に日本の航空会社で初めてA380型機を導入し、成田〜ホノルル線の主力機材として使用しています。同社のA380型機は、就航先のハワイにちなんだ「ウミガメ(HONU)」を外観にデザインした特別塗装が特徴で、そこから「FLYING HONU(フライング ホヌ)」という愛称がついています。2019年に「ハワイの空」をイメージした1号機、ついで「ハワイの海」をイメージした2号機が導入され、2020年には「ハワイの夕陽」をイメージした3号機が完成しています。


成田空港に着陸するANAのA380型機「フライングホヌ」(2020年6月22日、乗りものニュース編集部撮影)。

 ところが2020年から世界中に広がった新型コロナウイルスの影響を受け、とくに国際線の航空需要が減退し、「フライングホヌ」1号機、2号機ともに3月25日成田着のフライトを最後に、定期旅客便の運用を外れています。なお3号機は、当初2020年前半にもホノルル線に投入される予定で、すでに塗装が完了した姿も報道陣に公開されていました。ところが新型コロナの影響をうけ、デビューが延期となっている状況です。

 この日、成田空港で報道陣に離陸シーンが披露された「フライングホヌ」は、「ハワイの海」の2号機で、エメラルドグリーンをテーマカラーとしたものです。ところが、およそ3カ月ぶりとなるこのフライト、乗客数は「0人」です。なぜこのような運航が行われるのでしょうか。

「乗客ゼロ」でも飛ばすもっともな理由

 ANAによると、このフライトは「いつでも次のフライトに向けて安全で安心して運航ができる状態を保つため」だといいます。

 航空会社の旅客機は、一定時期ずっと飛行をしないと、おおむね90日を目安に、整備作業に長い時間を要する「重整備」を行う必要が出てくるといいます。そこで、地上での整備作業に加え、一定期間内でテスト飛行をすることにより、重整備をせずとも、いつでも安全性の高い飛行ができる体制を整えているのです。新型コロナの影響が収束し、再投入が正式決定したとき、即座に対応できるように準備しているとのことです。


成田空港を離陸するANAのA380型機「フライングホヌ」(2020年6月22日、乗りものニュース編集部撮影)。

 なお、今後は1号機も、同様のテスト飛行が実施される予定です。ちなみに、こういったテスト飛行は、A380型機以外のモデルでも同様としています。

 この日のフライトは13時半すぎに成田空港を出発し、30分弱、千葉県の洋上を飛行したのち、14時すぎに成田空港へ戻ってきました。