ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、重傷を負わせない「中程度の暴力」を2017年2月に非犯罪化した。あざやひっかき傷、出血を伴う殴打(ただし骨折や脳しんとうを起こすものを除く)は、もはやロシアでは刑事犯罪とみなされない。つまり、家庭内暴力(DV)の多くのケースにおいて、警察は捜査する義務を負わないことになるのだ。

「DVや警察による不当逮捕が蔓延するロシアで、市民団体は「スマートフォンのゲーム」で闘いを挑む」の写真・リンク付きの記事はこちら

DVが蔓延しているこの国では「もともと悪かった状況がどんどん悪化している」と、国際人権組織のヒューマン・ライツ・ウォッチで上級研究員を務めるユリア・ゴルブノワは言う。

ロシアでは毎月600人以上の女性が自宅で殺害されているとみられ、法廷で争われるDV事件も全体の約3パーセントに満たないと推測される。「ロシアの法執行機関や司法、社会システムは、DV被害者を守れないことのほうが多いのです」と、ゴルブノワは言う。

「DVをされている自覚」をゲームで促す

こうした状況を受けてシヴィル・ソサエティ[編註:政府や企業から独立した市民組織全般を指す]は、現状打破のためにデジタルツールに目を向け始めた。そんな団体のひとつが、サンクトペテルブルクを拠点とする「Team 29」である。

Team 29は、スパイや反逆罪で告発された人々を弁護するために設立された、ジャーナリストや弁護士からなる非営利団体だ。こうした告発は、国が捏造した証拠に基づいていることも多いという。

Team 29は以前、当局による法の乱用に関する知識をロシア人に提供するオンラインツールを作成したことがある。だが、このツールは24歳以下の人々、なかでも女性たちにあまり届いていなかったという。「従来の方法に効果がないことは明らかでした」と、Team 29のゲーミングマネジャーのニコライ・オフチニコフは言う。

この教訓を念頭に、Team 29はDV法が改正されたときにヴィデオゲームに目を向けた。アプリ「Where Partnership Go(Куда идут отношения?)」は、DVやストーカー行為、ネットいじめなどを経験している女性に助言するためのゲームだ。プレイヤーが遊びながら、自分が虐待を受けていることを認識したり、個人と他人の境界線を引いたり、法的・心理的な自己防衛手段やサポートセンターについて学んだりできるよう設計されている。

「女性や若者にも問題への認識を広められるような、楽しいゲームをつくることが目標です」と、ゲームプロジェクトの最高技術責任者であるイゴル・ドーフマンは言う。「どんな行動や振る舞いが加害者に抵抗する手段となりうるのか、見せたいのです」

このゲームの本質的な価値は、被害者にDVを受けているという自覚を促す点にあるだろう。

ロシアではDV被害者への非難のみならず、暴力は家族内の問題であるいう誤解が蔓延している。「彼が殴るのは、あなたを愛しているから」という昔からの格言もいまだ健在で、政府がそれに加担していることも多い。その結果、「家族が加害者の盾になっている」のだと、ヒューマン・ライツ・ウォッチのゴルブノワは言う。

警察の不当行為から身を守るためのゲームも

Team 29がゲーム分野に進出したのは、実はこれで2度目だ。

2017年に発表された第1作「Gebnya(Гэбня)」(KGBのような秘密警察を示すロシアのスラング)は、警察による虐待に立ち向かってきたTeam 29の経験を基に制作されたゲームだった。Team 29のオフチニコフいわく、その目的は若者の法的知識に関する「巨大なギャップ」を埋めることにあったという。

プレイヤーは「家宅捜索」「尋問」「公判前の拘置所での逮捕」という3つのシナリオを体験し、複数の選択肢から行動を選ぶ仕組みになっている。Google Playでのダウンロード数は、現在までに10万回を超えた(英語版もある)。

「若者たちは自分たちの権利を知らず、人権は別世界のものと考えがちです」と、オフチニコフは言う。だが、抗議行動に最も積極的に参加し、国家からの嫌がらせのリスクに最も晒されているのも、その若者たちだ。

政府が市議会議員選挙における野党候補者の立候補を拒否したことが引き金となって始まった、2019年7・8月のモスクワでの大規模デモは、主に学生が主導したものだった。このときは1,000人以上のデモ参加者が逮捕され、数十人が暴動の容疑で数年の懲役刑に服している。

このとき逮捕された者たちは「弁護士を使うことを許されず、水や食べ物も与えられず、強制的に指紋をとられた」と、Team 29は報告している。そのどれもが非合法な措置だ。

1時間のゲームのなかで展開される模擬的な人権侵害が、もしかしたら帰宅と不当な勾留の分かれ道になるかもしれない。

※『WIRED』によるゲームの関連記事はこちら。