「サッカーを通じて大阪を盛り上げたい」と綴った清武。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 セレッソ大阪の清武弘嗣が6月21日、自身のSNSを更新。吉村洋文大阪府知事との2ショット写真を投稿し、反響を呼んでいる。

 吉村知事は4月末の会見で、医療従事者を支援するために大阪府が設立した「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」に、清武が多額の寄付をしたことを公表。自身のツイッターでも、「清武選手、ご寄付ありがとうございます! みんなでコロナと戦う医療従事者を応援していきましょう!」と感謝のコメントを投稿していた。

 それに対し、「僕にできる事は少ないですが、一緒に応援していけたら嬉しいです。よろしくお願いします」と返していた清武。21日に更新したSNSで、「先日、吉村大阪府知事とお会いする機会をいただきました。僕はサッカーを通じて大阪を盛り上げていきたいと思います!」と府知事との2ショット写真を2枚公開した。
 
 この投稿にファンからは、以下のようなコメントが寄せられた。

「大阪人として大阪愛に感謝します」
「キヨ〜大分県出身なのに・・ありがと〜」
「withコロナ共に大阪を盛り上げましょ」
「サイコーのコラボレーションです」
「兵庫県民ですが、この難局を同じ気持ちで乗り越えて行けそうです」
「自粛を頑張り共に闘う人が増えて良き状況です」
「吉村知事とのコラボ素敵です」
「お二方とも大好きです」
「キヨ開幕スタメン待ってます」
「再開楽しみにしてます」

 2019年からC大阪でキャプテンを務める清武は、自粛期間中にピッチ外でもそのリーダーシップを発揮した。次は試合で輝けるか。7月4日に行なわれるリスタートマッチは、ガンバ大阪との“大阪ダービー”だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部