鈴木がSNSに投稿した親子のオシャレコーデが話題を呼んでいる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 北海道コンサドーレ札幌のFW鈴木武蔵が6月20日に自身のインスタグラムを更新。息子とともにファッションコーデを紹介した写真を投稿し、「オシャレな親子」と反響を呼んでいる。
 
 現在26歳の鈴木は、2012年に新潟でプロキャリアをスタート。その後水戸、松本、長崎を渡り歩き、昨シーズン加入した札幌では初年度からリーグ戦33試合に出場し、自己最多となる13ゴールを挙げた。ワールドカップ予選に初出場するなど日本代表としての経験も重ね、ストライカーとしての評価を高めている。
 
 Jリーガーきってのファッション好きとして知られる鈴木はこれまでも、自身のインスタグラムでお気に入りのコーデをたびたび紹介。長男も父親の血を引き継いでいるようで、以前には「服が好きでパパとしては嬉しい。今日も自分で着る服選んでた」と発信し、我が子の成長を喜ぶコメントを残している。
 
 そんな鈴木は21日にも息子とともに撮影したオシャレコーデを公開。シックな色合いの服に身を包んだ長男に寄り添う形で写真に収まり、お互いにサングラスをかけてクールにキメている。
 
 この投稿には、かつて長崎で同僚だったMF黒木聖仁(現・京都)も反応。鈴木の姿に対し「親父が大ギャング!」といじると、本人も「だれがギャングや!笑笑」とツッコミで返している。また親子のショットに、ファンからも多くの絶賛の声が寄せられている。
 
「今日もイケメン親子!素敵です」
「めちゃくちゃオシャレな親子!」
「イケメンすぎるだろ!」
「親子でモデルみたいカッコイイ」
「オシャレなお父さんとか憧れます」
「カッコいいパパで子供たちがうらやましいです」
 
 いよいよ7月4日からJ1リーグが再開する。札幌が挑むのは、昇格組の横浜FCとのアウェー戦。鈴木は、ピッチ上でも息子に“かっこいい姿”を届けられるか。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部