United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は6月18日(米国時間)、「ISC Releases Security Advisories for BIND|CISA」において、ISC BINDに脆弱性が存在すると伝えた。これら脆弱性を悪用されると、攻撃者によってサービス妨害攻撃(DoS: Denial of Service attack)を引き起こされる危険性がある。

脆弱性に関する情報は次のページにまとまっている。

CVE-2020-8618: A buffer boundary check assertion in rdataset.c can fail incorrectly during zone transfer - Security Advisories

CVE-2020-8619: An asterisk character in an empty non-terminal can cause an assertion failure in rbtdb.c - Security Advisories

脆弱性が存在するとされるプロダクトおよびバージョンは次のとおり。

BIND 9.16.0から9.16.3までのバージョン (CVE-2020-8618)

BIND 9.11.14から9.11.19までのバージョン (CVE-2020-8619)

BIND 9.14.9から9.14.12までのバージョン (CVE-2020-8619)

BIND 9.16.0から9.16.3までのバージョン (CVE-2020-8619)

BIND Supported Preview Edition 9.11.14-S1から9.11.19-S1までのバージョン (CVE-2020-8619)

脆弱性が修正されたプロダクトおよびバージョンは次のとおり。

BIND 9.16.4

BIND 9.11.20

BIND 9.11.20-S1

CVE-2020-8618: A buffer boundary check assertion in rdataset.c can fail incorrectly during zone transfer - Security Advisories

CVE-2020-8619: An asterisk character in an empty non-terminal can cause an assertion failure in rbtdb.c - Security Advisories

脆弱性の深刻度は「警告」相当とされており緊急性はそれほど高くない。Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA)はユーザーおよび管理者に対し、上記のセキュリティ情報をチェックするとともに、必要に応じてアップデートを適用することを推奨している。