Microsoftは6月17日(米国時間)に公開した「Windows 10 Insider Preview Build 20150」において、WSL 2にGPU計算サポート機能を追加した。これはWSL 2で動作するLinuxディストリビューションからNVIDIA CUDAやDirectMLを使ってGPUコンピューティングを行うことが可能になったことを意味している。これまでLinuxでCUDAを使った機械学習や人工知能(AI)を使った開発や実験を行ってきたのであれば、今後はWSL 2で動作するLinuxでも同じことができるようになる。

これに合わせて、GPUを提供しているベンダーも情報のアップデートと新しいドライバの提供を開始した。AMD、Intel、NVIDIAはそれぞれ次のページで情報の公開とドライバの状況提供およびダウンロードなどを提供している。WSL 2に追加されたGPU計算機能を利用するには、こうした新しいドライバを用いる必要がある。

Radeon™ Software Adrenalin 2020 Edition for Microsoft® DirectX on Windows Subsystem for Linux Release Notes | AMD

Download Intel® Graphics BETA WSL Windows® 10 DCH Drivers

CUDA on WSL :: CUDA Toolkit Documentation

Radeon™ Software Adrenalin 2020 Edition for Microsoft® DirectX on Windows Subsystem for Linux Release Notes | AMD

Download Intel® Graphics BETA WSL Windows® 10 DCH Drivers

CUDA on WSL :: CUDA Toolkit Documentation

今回、Windows 10 Insider Preview Build 20150に導入されたWSL 2のGPU計算機能は、順調にいけば2020年後半に公開が予定されている「Windows 10 20H2」に取り込まれる可能性が高い。機械学習は小さいデータセットであっても多くの計算リソースを消費する。GPUが利用できるようになると、計算時間を短縮することができる。Windowsで動作するLinuxでこの機能が利用できるようになると、こうした開発にWindows PCが使われるケースが増えると考えられる。