[故障者情報]

 ヴァンフォーレ甲府は18日、MF橋爪勇樹が左膝外側半月板損傷、左膝ガングリオンの摘出のための手術を受け、全治約4か月と診断されたと発表した。

 ガングリオンとは関節などにできる腫瘤のこと。かつてベガルタ仙台時代のFW柳沢敦、ファジアーノ岡山時代のDF加地亮らも同様の摘出手術を受けていた。l