●「Tech intensity」を高めることで、危機を乗り越える

日本マイクロソフトは6月16日(日本時間)、テクニカルカンファレンス「de:code 2020」をスタートした。もともとは5月に行われる予定のイベントだったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の現状を考慮して、オンラインのデジタルイベントとして形を変えて開催されることになった。開催期間は6月16日から30日までの14日間で、インターネット上に設置されたバーチャル会場において、スポンサーブース展示やセッションのストリーミング配信が提供されている。バーチャル会場の様子はこちらのレポートを参照いただきたい。

基調講演をはじめとするセッションの配信はすべてオンデマンド形式となっている。配信が開始される日付や時間はセッションごとに異なるが、一度配信が始まったセッションは、最終日まで好きな時に視聴できる。一般セッションはテーマごとに8つのトラックに分けられており、合計で100以上のセッションが提供される。

○行動力のある人の熱い情熱が社会を変える

基調講演は、初日のイベント開始時から配信が始まっている。テーマは「Power of Tech Intensity」。冒頭で登場した日本マイクロソフトの代表取締役社長 榊原彰氏は、いま世界が直面しているCOVID-19をはじめとする危機に対して、これを乗り越えていくには"Tech intensity"を高めていくことが重要だと語った。

3Dビューによるセッション会場の様子

これまでにも我々は、いくどもの経済ショックや自然災害といった危機に直面し、それを乗り越えてきた。COVID-19なども必ず乗り越えることができるだろう。しかし、社会の課題は年を追うごとにより複雑、かつ領域複合に向かっており、解決策は単純ではなくなっている。そこで、いま求められているのが、新しい現実に対応した新たな社会規範の構築である。

人々の行動は、新しい社会規範のもとで大きく変わっていくことになるだろう。それを可能にするには、人々の行動変容を前提とした社会のスマート化が必要になってくる。ここで言うスマート化とは、単にスマートホームやスマートデバイスを使いこなすというだけの意味ではない。「公共基盤や社会インフラ、サービス基盤など、社会を構成するあらゆる層で、ITの力を十分に発揮していくことが必要になる」と、榊原氏は指摘する。

行動変容を前提とした社会のスマート化

de:code 2020では、この課題に対するマイクロソフトのさまざまな取り組みが紹介されるが、その対象は開発者をはじめとするITに携わるすべてのエンジニアだという。昨今のIT業界には、プロの開発者やエンジニアにとどまらない、さまざまな立場の人々がITを駆使して課題解決に取り組もうとしている。「行動力のある人の熱い情熱によって社会が変わっていく、その過程を我々は目の当たりにしている」と榊原氏は言う。

行動力のある人の熱い情熱によって社会が変わる

そこで鍵になるのが、基調講演のテーマである「Tech intensity」である。「Tech intensity」とは、テクノロジーを素早く適用していく「Tech adoption」と、その適用を進めるためのスキルや人材、選択肢によってつくられる「Tech capability」の組み合わせから成る造語とのことだ。そこに、テクノロジーが社会に受け入れられるための信頼性も加わることで、Tech intensityはより高まっていく。

Tech intensityとは

榊原氏は、新しい世界に対応するには、さらにもう1つの要素が重要になると言う。それが情熱だ。Teck intensityに、テクノロジーで社会を良くしていこうという人々の情熱が加わることによって、初めて社会の変革につながっていくということだ。

Tech intensityに情熱が加わって社会の変革につながる

de:code 2020では、そのような情熱を持った人々を、マイクロソフトがどのようにバックアップしているのかを知るよい機会になるだろう。基調講演では、その中でも特に「Azure/DevOps」「Power Platform」「Microsoft 365」「Security」「Mixed Reality」の5つのテーマで、同社の取り組みが紹介された。

●「Azure/DevOps」「Power Platform」における取り組みとは?

開発におけるデジタルトランスフォーメーションをサポート

「Azure/DevOps」については、日本マイクロソフトの廣瀬一海氏が「Azure | Developer Velocity」のタイトルで講演を行った。このセッションでは、5月に米Microsoftの主催で行われた「Microsoft Build 2020」から、開発者向けの主要な発表内容が紹介された。

Build 2020では、「Azure Static Web Apps」や「Blazor WebAssembly」、「Azure Synapse Link」などが発表された。Azure Static Web AppsはSPA(Single Page Application)やPWA(Progressive Web Apps)などを含む静的なWebサイトをホストするためのサービスである。GitHub AcrionsやAzure Functionsなどとの統合によって、継続的に運用可能なサーバレスアプリケーションをシームレスに実装できる点が大きな特徴である。

静的サイトをホストするAzure Static Web Apps

Blazor WebAssemblyはASP.NET CoreによるフルスタックWeb開発基盤で、C#などを用いてWebブラウザ上で実行可能なWebアプリケーションを開発することができる。Azure Synapse Linkは、Cosmos DBに蓄積した情報をAzure Synapseに流し込んで分析できるようにするツールで、ETLツール無しでデータの連携が可能なためタイムラグのない準リアルタイムな分析が可能となる。

.NETによるWeb開発基盤「Blazor WebAssembly」

Cosmos DBとAzure Synapseをつなぐ「Azure Synapse Link」

そのほか、多くの新サービスや新機能が発表されているが、廣瀬氏の講演では、特に「開発におけるデジタルトランスフォーメーションをサポートする取り組み」という切り口で、Visual Studio/Visual Studio Codeをはじめとする開発ツールの機能強化や、Azure Boardsによるアジャイルプラニングのサポート、GitHub Codespacesによる開発環境セットアップの高速化などが紹介された。

素早い問題解決を可能にする「Power Platform」

米MicrosoftのCharles Lamanna氏からは、「Microsoft Power Platform」に関する紹介が行われた。Power PlatformはOffice 365やAzure、スタンドアロンアプリケーションなどを連携させることができる、統合されたローコード開発プラットフォームである。大きく分けると「Power BI」「Power Apps」「Power Automate」「Power Virtual Agent」の4つのツールから構成されており、「これらを駆使することであらゆる種類のアプリケーションをローコードで簡単に開発し、素早い問題解決につなげることができる」とLamanna氏は語る。

ローコード開発を実現するPower Platform

同氏が強調するのは、Power Platformは決してプログラムのコードが書けない開発者だけを対象にしたツールではないということである。IT化が必要な業務の中には、従来の開発手法だと十分なROIが見込めず、対応が後回しになってしまっている領域が存在する。そのような場面で、Power Platformを導入することによって低コストで素早い問題解決が見込めるようになるという。

多くのビジネスシナリオをカバーできる

さらに、Power Platformには任意のAzureのサービスと連携するためのカスタムコネクタの機能が用意されている。Azureサービスの開発者は、APIを公開してカスタムコネクタとしてPower Platformに登録することで、ローコードの開発者でも簡単に使えるコネクタを提供することができる。このことは、ローコードの開発者とAzureの開発者で簡単に共同開発が行えることを意味している。「Azureの開発者でPower Platformを使わないのは、片手を背中で縛って開発するようなもの。それくらいスピードに差が出る」とLamanna氏は語った。

ローコードの開発者とプロの開発者の共同開発が可能

●「Microsoft 365」「Security」「Mixed Reality」の取り組みとは?

プラットフォームとしてのMicrosoft 365

Office 365から名称が変更された「Microsoft 365」については、米MicrosoftのJared Spataro氏と日本マイクロソフトの山崎善寛氏から、最新のアップデートが紹介された。

両氏によれば、マイクロソフトは開発者に向けたプラットフォームとしてのMicrosoft 365のビジョンを持っており、それにひもづいて「Microsoft Teams」「Microsoft Graph」「Fluid Framewort」「Windows」の4つの開発領域を定めているという。

プラットフォームの基盤にあるのは、Microsoft GraphとFluid Frameworkという2つのAPI/フレームワークだ。

Microsoft 365のプラットフォーム

Microsoft Graphはユーザー中心のデータおよび分析情報を格納するコンテナであり、Microsoft 365や関連するクラウドサービスに対して統一的なAPIによるデータの取得や分析を提供する。Fluid FrameworkはMicrosoft 365のさまざまなアプリケーションにおいてコンテンツの共同編集を可能にするフレームワークである。2019年に発表されたばかりの新しいフレームワークだが、Microsoft 365に統合されることによって、さまざまなアプリケーションでリアルタイムなコラボレーションが実現できるようになるという。

Microsoft Teamsについては、もともとチャットツールとして始まったものが、現在はアプリケーション開発の統合的なプラットフォームへと進化していることが強調された。

Microsoft Teamsはマイクロソフト史上最速で成長中

そして、Windowsに関する開発領域だが、ここには開発者が多種多様なWindowsアプリを開発できる環境を提供するという目的から、現在「Projection Reunion」というプロジェクトが行われているという。これはWindows 10のアプリ開発プラットフォームを統合する試みで、具体的には、Win32アプリとUWPアプリのAPIをWindows OSから切り離して再構成することによって、Windows 10のすべてのデバイスで動作するアプリの開発環境を提供するというものになる。

Windows 10アプリの開発環境を再構築するProjection Reunion

Security Postureで攻撃に備える

続いて、日本マイクロソフトの河野省二氏から、セキュリティ管理に関する「Security Posture」という考え方が紹介された。Security Postureとはセキュリティに取り組む姿勢を指す用語で、その要旨を一言で言えば「セキュリティに対する姿勢を改善することによって、攻撃に動じないIT環境を構築する」というものになる。

河野氏によれば、そこには大きく分けて2つの姿勢が挙げられるという。1つは脆弱性のない環境を作ること。そのためにはさまざまな資産を適切にデジタル化し、状態を把握しやすい環境を構築することが重要になる。もう1つはインシデント対応を軽量化すると。世の中に生じている脅威をリサーチし、あらかじめ対策を強化しておくことによって、問題が発生した際の影響を最小限に抑えることが求められる。

Security Postureのための2つの姿勢

もちろん、マイクロソフトではこのSecurity Postureの環境を構築するためのさまざまなツールやサービスを提供しており、その内容も拡張が続けてられている。河野氏からは、最近加わった新機能として、サードパーティの認証情報を使ってのセルフサインインを可能にする「Azure AD External Identities」や、自組織のセキュリティの状態を把握するための「Microsoft Security Score」のAzure Security Center対応などが紹介された。

Azureでも進むMixed Realityへの取り組み

基調講演の最後を締めくくるのは、米MicrosoftでMixed Reality関連の開発を手掛けるDon Box氏だ。同氏は、まずAzureで提供されている2つのMR関連サービスを紹介した。

HoloLens 2を装着して登壇したDon Box氏

1つがAzure Spatial Anchors(ASA)で、これは異なるデバイス間で時間や空間を超えて座標情報を共有できるというもの。複数のデバイスを使って巨大な座標システムを構築し、情報の配置や検出を行うことができるようになるという。

もう1つがAzure Remote Rendering(ARR)で、こちらは大規模で高精度のコンテンツを、クラウドのリソースを使って複数の角度や視点からレンダリングし、デバイスに対して提供するというものになる。レンダリングをクラウド上で行うため、デバイスの能力では生成できないような複雑なモデルを、手元のアプリケーションに対して映し出すことが可能になる。

さて、マイクロソフトのMRとして印象が強いのは、やはりDon氏も装着しているHoloLensだろう。最新版のHoloLens 2は、これまでは法人向けにのみ提供されてきたが、今年7月から一般向けにも販売が開始される。詳細はWebサイトで続報をチェックしてほしいとのことだ。

さて冒頭でも触れたように、初のバーチャル開催となったde:code 2020は、14日間にわたって100以上のセッションが提供される。そのほかにも、特別ゲストの登場といったサプライズや、コミュニティイベントの開催なども予定されているとのことだ。