米SAS Instituteは6月16日(米国時間)、年次イベントのオンライン版「VIRTUAL SAS GLOBAL FORUM」を開催した。数年前からクラウドビジネスを進めてきたSASだが、今回米Microsoftとの提携を発表し、Microsoft Azureを優先クラウドパートナーにし、ビジョン「データがあるところにアナリティクスを」を進化させた。

同イベントは、当初3月に開催が予定されていた年次イベント「SAS GLOBAL FORUM 2020」のオンライン版となる。冒頭で、SAS共同創業者兼CEOのJim Goodnight氏は、新型コロナウイルス感染症(「COVID-19」)を受けてSASが行ったことを紹介した。

例えば、以前からの顧客だったCleveland Clinicと共同で、患者数、ベッド数、マスクや人工呼吸器などのPPE(個人防護具)を予測するモデルを開発した。このモデルは接触追跡などにおいても活用できるという。Cleveland Clinicと共同開発したモデルは、無償で公開している。

SAS Institute Jim Goodnight氏

Cleveland Clinicは考えうる可能性を予測し、必要となるベッドの数を割り出した。その後、自治体のロックダウンなどの動向も要因に入れて予測を進めた

最大の目玉はMicrosoftとの戦略的提携

最大の発表となるのはMicrosoftとの戦略的提携だ。提携を発表したのは、SASのエグゼクティブ・バイスプレジデント兼COO兼CTOを務めるOliver Schabenberger氏だ。

提携は多岐にわたるが、以下のようなものが発表されている。

Microsoft AzureはSASのクラウド顧客向けの推奨クラウドとなり、SASの「Viya」プラットフォームとAzureを深いレベルで統合する

Microsoft顧客にSASがヘルスケア、小売、金融などの業界で持つ業界ソリューションや専門知識を提供する

Azureに加え、他のクラウド(Dynamics 365、Microsoft 365、Power Platform)についてもSASのアナリティクスの統合を進める

共同で市場戦略を進める

目指すのは、SASの顧客のクラウド化の支援だ。SASのシニアバイスプレジデント兼R&DエンジニアリングのBryan Harris氏によると、同社の顧客のワークロードの93%がオンプレミスで稼働しているという。Microsoftとの提携により、SASの顧客はワークロードをAzureクラウドで動かすことが可能になる。

提携の内容を詳細に説明したMicrosoftのクラウドとAI担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのScott Guthrie氏は、「単にSASのソリューションをAzureに載せるのではない。業界特化モデルなどのSASのアナリティクス機能をAzure、Dynamics 365などにネイティブに統合し、新たなソリューションを構築する」と語る。なお、AzureはFortune 500企業の95%が導入しており、「ハイブリッド型、インテリジェント、信頼性のあるクラウドで、顧客はその上にイノベーションを構築してデジタル化を加速できる」という。

Microsoft Azure上でViyaを利用しているMercy Health

SAS製品のMicrosoft Azureにおける利用は既に事例もある。オンプレミスでSASを導入していた米国でヘルスケアシステムを提供しているMercy Healthは、Azure上でViya環境を設定し、コロナ禍で地域の4施設、ライフサイセンスパートナー企業と感染症の流行を調べて、対応に役立てたという。

SAS ViyaとAzure Synapseの統合により、Viya内で簡単にAzure Synapseとのコネクション設定をしてインスタンスを作成するなどの例を見せた

Microsoftとの提携は、SASが掲げる「アナリティクスの3原則」に基づくものだ。3原則を紹介したSchabenberger氏は、「データがあるところにアナリティクスがある」「アナリティクスの価値は単なるアルゴリズムではなく、データ主導で問題を一気通貫型で解決するところにある」「アナリティクスの民主化」と3原則を説明する。

民主化について、MicrosoftのGuthrie氏は共感を示し、「両社の顧客に向けてAIとアナリティクスを民主化する。2つの企業が集まることで、それ以上の価値を提供できる」と述べた。

SASはイベントに合わせて、KPMGと提携して顧客のクラウド移行を促進する「Cloud Acceleration Center」を構築することも発表している。同センターは、学際的なチームを結集し、高度な連携がなされたテクノロジーに対応した環境となる。

AIプラットフォームの次期版「Viya 4」も披露

なお、イベントでは2020年後半に発表予定のAIプラットフォーム次期版「Viya 4」についての説明もあった。Harris氏は「Viya 4」の特徴として、クラウドへのアーキテクチャをコンテナとマイクロサービス対応にした点を強調し、「単にソフトウェアをリフト&シフトしたのではなく、クラウドネイティブ向けに再開発した」と説明した。

アナリティクスカンパニーとして1976年に創業したSASだが、Schabenberger氏はこれまでを振り返り、「アナリティクスはクラウド、AIと機械学習のサポート、高度な自動化の受け入れ、と進化を続けてきた。そして、モデルの実装とガバナンスにフォーカスが移りつつある」と述べる。

デジタルトランスフォーメーションが継続することで、「企業はデータドリブンからさらに、モデルドリブンに進化する必要がある」と、話を締めくくった。

SAS Oliver Schabenberger氏とMicrosoft Scott Guthrie氏