松井(右)の‟お洒落な”トラップにチャレンジした六反(左)が動画を公開。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

 横浜FCのGK六反勇治が自身のインスタグラムで、練習の合間に披露した驚愕のテクニックを公開し、「スゲーーーー!」「試合でも、ぜひ」と絶賛の声が上がっている。

 Jリーグは6月27日にJ2の再開とJ3の開幕、7月4日にJ1の再開が決定。しばらくは“リモートマッチ”になるとはいえ、ようやく日本でもサッカーのある日常が戻ってくる。そんななか、開幕戦では今季移籍した横浜FCで好守を連発し、ヴィッセル神戸を相手に勝点1ゲットに貢献した六反が17日、インスタグラムで意外な足技を披露して反響を呼んでいる。

 伏線は4日前にチームメイトの元日本代表MF松井大輔が公開したトラップ動画。送られてきたロングパスを、軸足の背後にクロスさせた足で見事にコントロールしてみせ、同僚やファンから称賛のコメントが寄せられた。これに六反も「来週チャレンジしてみます」と返信していた。

「Lucky Goal」と謙遜のコメントを綴った六反は、投稿した動画内でまず松井と同様に、同僚からのロングパスを軸足の背後にクロスさせた右足で器用にトラップ。しっかりとボールをコントロールすると、これを地面に落とさずそのまま約40メートル先のゴールに向かって右足を振り抜く。見事にノーバウンドでゴールネットを揺らしてみせた。

 周囲で見ていたチームメイトも驚きの声を上げるなど、拍手喝采が生まれるなか、六反もカメラに向かって得意げなポーズでアピール。ハッシュタグでは「#横浜fc」「#六反勇治」「#一発勝負」「#早口は言えなくても」「#サッカーはできる」「#ただのラッキーゴール笑」「#自分が1番ビックリ」「#喜び方ダサい」と綴った。

 この動画に同僚たちも反応。カルフィン・ヨンアピンは拍手の絵文字を贈り、昨年まで清水で同僚だった高木和徹からも「スーパー」とのコメント。さらにファン・フォロワーからも「神トラップですね」「こんなテクニックあったんですね」「ロクマールですね」「スッゴイ!」「足元うまいゴールキーパーとか最高じゃないですか!」などと絶賛のコメントが寄せられている。

 一方できっかけを作った松井からは「ナイス合成」とのリプライが。これに六反は「初めてパソコン買って2週間でこの合成出来たら本格的にYouTuber一本で行きます笑 #松井大輔チャレンジ」と返し、軽快なやり取りを見せている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部