ジョーが名古屋を離れる

写真拡大

 名古屋グランパスのFWジョー(33)が、前所属のコリンチャンスに復帰することで合意したとブラジルメディア『グローボ』が報じている。

 ジョーは17年のブラジル全国選手権の得点王、ベストイレブン、最優秀選手賞の個人3冠を獲得。10億円超の移籍金で18年に名古屋に加入した。そして初年度から圧倒的なパフォーマンスをみせると、24得点を決めて得点王を獲得した。

 しかし昨季は得点数が激減。今年2月の開幕戦では故障の影響もあり、ベンチ入りしていなかった。

 同メディアによると、ジョーはUAEのクラブへの移籍を画策していたが、実現しなかったことで古巣への復帰を決断したという。16日の火曜日には23年までの契約で合意。なお、移籍金は発生しない見込みだ。