SCSKサービスウェアは6月17日、UiPathが提供する「UiPath Studio」を使用した「オンライン・ハンズオン・トレーニング」の個社向けサービスを、同日から提供開始することを発表した。

接続イメージ

「オンライン・ハンズオン・トレーニング」では、任意の場所からPCやスマートデバイスを介して講義を受講できるほか、SCSKサービスウェアのPCへリモートアクセスすることで、実務に近い形式での演習も体験できるもの。

同社の講師やアシスタントも受講者の演習の進行状況をリアルタイムで確認し、双方向にコミュニケーションをとりながらサポートするとしている。

価格は、開催日数1日の「RPA業務アセスメント・トレーニング」、「UiPath公式 速習プログラム入門」、「UiPath実機操作トレーニング 基礎編」がそれぞれ1名あたり5万円(税別)、開催日数2日の「UiPath公式 速習プログラム実践」が8万8000円(税別)。最低開催人数は4名で、個別のカスタマイズも可能(別途見積り)となっている。

コースの詳細はWebサイトを参照のこと。