WOWOWと珍しく民放地方局の東海テレビが共同制作した連続ドラマ。原作は貫井徳郎の「症候群3部作」と呼ばれる本格警察小説だ。テーマは、ズバリ「復讐の是非」だ。未成年者に家族を殺された遺族が、少年法で守られてのうのうと暮らす犯人に復讐することの是非を真正面から取り上げる。

元警視庁捜査一課刑事で現在は北泉署に勤務する鏑木護(谷原章介)は、刑事として凶悪事件の解決に心血を注ぐ一方、未成年者に家族や親しい人間を殺された遺族の依頼を受け、犯人の少年たちを事故に見せかけて殺す「職業殺人者」という裏の顔を持つ。

恋人を殺された上に自分もレイプされたゼミ仲間の女性と出会い...

鏑木自身も婚約者を少年らに殺された過去がある。その犯人はその後、自殺した。「少年犯罪を考える会」で偶然にも大学のゼミ仲間の矢吹響子(木村多江)と再会した鏑木は、響子がやはり未成年者に恋人を殺された上に彼女もレイプされたことを知った。

「加害者の少年たちは一年足らずで少年院を出て、好きなように遊んでいた。鏑木君がうらやましい。犯人は死んだのでしょ。私だって殺してやりたい」。響子は鏑木に、苦しい胸の内を切々と訴えた。これが復讐を「是」とする側の論理だ。

そんな響子に、鏑木は「殺してやろうか、俺が代わりに」と代理殺人を申し出る。これをきっかけに、鏑木は少年犯罪の遺族から高額の報酬で依頼を受け、少年院を出ても反省していない加害少年たちを次々と殺していく。

一方、同級生のリンチで中学生の子供を亡くした母親は「大事な人を殺されたら、相手を殺す権利が生じるのですか? 殺したら、息子を殺した人殺しと同じになる」と、加害少年の殺害を依頼した夫や、殺害を請け負って実行した響子らを非難する。これが復讐を「非」とする側の論理だ。

一方、北泉署の刑事としての鏑木は、若い男が相次いで交通事故に見せかけて殺された事件を追っている。鏑木らが「止めてやらなきゃならないホシがいる」との思いで懸命に捜査した結果、ついに心臓移植が必要な息子のドナーにするために若い男を殺している看護師・小島和子(手塚理美)に辿りついた。

そして、警察内部の不祥事を内密に処理する警視庁警務部の特殊任務責任者・環敬吾(渡部篤郎)とその協力者の元刑事・武藤隆(玉山鉄二)の捜査の手が鏑木や響子ら身辺に及ぶ中、鏑木は小島の新たな殺人を阻止するために捨て身の闘いを挑む。(土曜よる11時40分放送)

寒山