トヨタ自動車は6月16日、安全なモビリティ社会の実現に向けた取り組みの一環として、クルマの衝突事故における人体傷害をコンピュータ上で解析できるバーチャル人体モデル「THUMS(サムス : Total HUman Model for Safety)」を2021年1月より無償で公開すると発表した。

THUMSは、車両の安全技術の研究や開発を目的に、2000年当時世界初となる車両衝突時の全身の傷害が再現・解析可能なバーチャル人体モデルとして、トヨタと豊田中央研究所が共同で開発したもの。

昨年公表した最新のVersion 6に至るまで、骨格・脳・内臓、さらには筋肉を組み込む一方、性別・年齢・体格の異なる複数のモデルを追加するなど進化している。無償公開対象はVersion4・5・6。

「THUMS」の進化

THUMSの特徴は、衝突安全試験に広く利用されるダミー人形に比べ、人体の形状や強度を精密に再現したモデルであるため、衝突による傷害がより詳細に解析できること。

また、コンピューター上のシミュレーションであるため、さまざまな衝突パターンを模した解析を繰り返し行うことができ、衝突実験にかかる開発期間や開発費を大幅に抑えることが可能だという。

THUMSを無償公開することで、より多くの人にとって、クルマの安全研究に利用可能となるとともに、ユーザー自身でTHUMSに改良を加え、その成果を他のユーザーと共有するなど、利便性が向上することが見込まれる。

無償公開の開始に伴い、JSOLおよび日本イーエスアイを通じて行ってきたTHUMSのライセンス販売は、2020年中に終了する。