住友ベークライトは6月16日、日本電気(NEC)と生産技術のデジタル化に向けて共創し、製造工程にAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などの最先端のテクノロジーを導入することで、製造工程の自律制御を実現したと発表した。同社は、国内基幹工場の主力生産ラインでデジタル化による生産効率20%向上を実現し、国内の他の生産拠点・生産ラインへの展開を図る。さらには、海外拠点への導入に向けた環境整備を進めていく意向だ。

生産技術デジタル化のイメージ

両社は、静岡工場などの国内主力4工場内の装置の稼働情報などをIoTを用いて可視化すると共に、AIが各工程における制御ルールを分析することで、従来難しかった機能性化学品のバッチ連続型生産ラインにおけるデジタル化を実現したとのこと。

新型コロナウイルスへの対応にもつながるという三密防止の生産体制の確立は、今後海外拠点にも展開していく計画だ。

さらに住友ベークライトは、NECとの共創を通じてITとケミカルの両方に精通するITケミストの育成にも取り組んでいくとしている。

住友ベークライト静岡工場

両社は生産技術デジタル化の特徴として、規格の異なるデータの収集、AIを利用したデータ分析と異常の可視化通信、AIを利用した制御ルールの設定の3点を挙げる。

通信規格の異なるデータの収集に関しては、特定ベンダーにとらわれないオープンで自由なものづくりを支援する「Edgecrossコンソーシアム」が普及推進するエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォームである「Edgecross」の利用により、異なる装置メーカの出力情報について、通信規格の差異を吸収するという。これにより、複数種類のデータを工場全体で分析できる環境を構築するとのこと。

AIを利用したデータ分析と異常の可視化については、製造工程各所に取り付けたセンサーを通じて、装置の稼働情報や品質に関する評価情報などを収集し、自動的に分析する。NECのAI技術群である「NEC the WISE」の1つである「インバリアント分析技術」の使用により、リアルタイムに得られる計測データから通常とは異なる異常を発見し、その違いを数値化するとしている。

AIを利用した制御ルールの設定に関しては、運用上規定している装置の制御ルールに加えてAIを利用することで、熟練技術者の経験で裏打していた装置制御に関する暗黙知を制御ルールとして可視化して登録し、製造工程の自律制御と品質の安定化・向上に貢献するとのことだ。