再開後の日程が発表されたルヴァンカップ。写真:田中研治

写真拡大

 Jリーグは6月15日、新型コロナウイルスの影響で中断、延期されていたルヴァンカップの再開日程を発表した。

 再開後初戦となる第2節は、8月5日に、第3節は12日に開催。プライムステージの準々決勝は9月2日、準決勝は10月7日、決勝は11月7日に予定されている。

 今年のルヴァンカップは、今月5日に行なわれた第3回の臨時理事会で、大会方式の大幅な変更が決定されている。

 プレーオフステージを廃止され、グループステージはホーム&アウェー方式から1回戦総当たりに変更。プライムステージは、各グループの1位チーム及び2位チーム内の上位1チーム、ACL参加の3チームを加わえた8チームで1発勝負のノックアウト方式によるトーナメントとなる。また、中断前に行なわれている第1節の結果はそのまま適用される。

 大会方式の変更に伴い、J2所属の松本山雅FCは不参加に。そのため松本の入っていたB組はベガルタ仙台、浦和レッズ、セレッソ大阪の3チームによる総当たりで実施。2位チーム内上位1チームが次のステージに進めるため、松本との対戦を残していた仙台と浦和にはグループリーグ終了後に勝点3が与えられ、得失点差は計上しないという特例も設けられた。

 決勝トーナメントとなるプライムステージは、各組1位の4チームと、2位の中で最も成績の良かったチームが進出。さらにACL(アジア・チャンピオンズリーグ)に出場している3チーム(横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、FC東京)が参戦する。

 また、今季限りの特別ルールとして、「選手交代枠を5名に拡大」「交代回数はハーフタイムを除き3回まで」とするほか、延長戦を行なう場合は、その直前の90分間の交代人数と合わせて、最大6名までの選手交代ができる(延長戦の場合は交代回数も1回追加)。さらに、「U-21先発ルールを撤廃」が適用される。
 
 ルヴァンカップ、グループステージの対戦カードと日程は以下の通り。
※左側がホームチーム。(キックオフ時間、スタジアム名)

【第2節】8月5日(水)
●グループA
鹿島×川崎(19:00、カシマ)
清水×名古屋(19:00、アイスタ)
●グループB
C大阪×浦和(19:00、ヤンマー)
※仙台は試合なし
●グループC
札幌×広島(19:00、札幌厚別)
鳥栖×横浜FC(19:00、駅スタ)
●グループD
柏×湘南(19:00、三協F柏)
大分×G大阪(19:00、昭和電ド)

【第3節】8月12日(水)
●グループA
清水×鹿島(19:00、アイスタ)
名古屋×川崎(19:00、パロ瑞穂)
●グループB
仙台×C大阪(19:00、ユアスタ)
※浦和は試合なし
●グループC
札幌×横浜FC(19:00、札幌ド)
広島×鳥栖(19:00、Eスタ)
●グループD
柏×大分(19:00、三協F柏)
湘南×G大阪(19:00、BMWス)

【プライムステージ】
●準々決勝:9月2日(水)
●準決勝:10月7日(水)
●決勝:11月7日(土)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部