長澤まさみが映画「MOTHER」で最低の母親役「こんな人いたら…」

ざっくり言うと

  • 長澤まさみが15日、主演映画「MOTHER」の完成披露舞台あいさつに登壇した
  • 実際にあった、17歳の少年による祖父母殺害事件から着想を得た作品
  • 同作で最低の母親を演じた長澤は、「こんな人いたら嫌だな」と苦笑いした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x