ユニバーサル園芸社、QUOカードの株主優待を改悪! 6月末に100株以上保有でもらえるQUOカードの額面 が「2000円分⇒1000円分」に減額されて利回りダウン

写真拡大

 株式会社ユニバーサル園芸社が、「QUOカード」の株主優待を改悪することを、2020年6月15日の10時に発表した。

 ユニバーサル園芸社の株主優待は、毎年12月末と6月末時点の株主が対象となり、従来の内容は「12月末時点で100株以上保有する株主に『QUOカード』1000円分を贈呈。6月末時点で100株以上保有する株主に『QUOカード』2000円分を贈呈」というものだった。

 変更後は、6月末の株主に贈呈される「QUOカード」の額面が、従来の「2000円分」⇒「1000円分」に減額される。

 ユニバーサル園芸社がQUOカードの額面を減額する理由は「新型コロナウィルスによる景気の先行き不透明の経済状況により、当社の国内及び海外のグループ会社の主要事業であるレンタルグリーン事業において、取引先であるホテル、オフィス、その他の施設の契約を含めて一時撤去、解約等の問合せの状況が続いております。今後の自粛ムード、第二波の可能性も含め、業績の更なる向上を目指しておりますが、全社的な収益体質の維持が必要な状況となっております。そのため総合的に検討した結果、6月30日基準日の株主優待内容における当社オリジナルクオカード2000円分を1000円分へ変更することを決定いたしました」とのことだ。

 ユニバーサル園芸社の株主優待の変更は、2020年6月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

ユニバーサル園芸社の株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
基準日 保有株式数 株主優待内容
12月末 100株以上 QUOカード1000円分
6月末 100株以上 QUOカード2000円分
(変更後)
基準日 保有株式数 株主優待内容
12月末・6月末 100株以上 QUOカード1000円分(×年2回)

ユニバーサル園芸社の株主優待利回り

 ユニバーサル園芸社の2020年6月15日時点の終値は1899円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※株主優待は年2回、受け取ったものとする)。

【変更前】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×1899円=18万9900円
株主優待品:QUOカード3000円分
株主優待利回り=3000円÷18万9900円×100=1.57%

【変更後】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×1899円=18万9900円
株主優待品:QUOカード2000円分
株主優待利回り=2000円÷18万9900円×100=1.05%

 ユニバーサル園芸社の株主優待でもらえるのは、個人投資家に人気の「QUOカード」。従来は100株保有で6月末に「QUOカード」2000円分、12月末に「QUOカード」1000円分、年間で合計3000円分がもらえたが、変更後は6月末の「QUOカード」の額面が1000円分に減額されてしまい、年間の合計は2000円分となる。ユニバーサル園芸社の配当利回りは1.05%なので、変更後の配当+株主優待利回りは2.62%⇒2.10%に下がってしまうので要注意。
【※関連記事はこちら!】
⇒【2020年6月】QUOカードの優待利回りランキング!配当+優待利回り5.5%の「TRUCK-ONE」など、6月の優待でQUOカードがもらえる24銘柄の利回りを比較!

 ユニバーサル園芸社は、オフィスやホテルなど、さまざまな施設を対象に、観葉植物のレンタルを手掛ける企業。5月21日時点で発表している2020年6月期(通期)の連結業績予想は、売上高94億6000万円(前期比10.0%増)、営業利益10億100万円(前期比5.6%増)、経常利益10億1400万円(前期比6.3%増)、当期純利益6億9100万円(前期比38.2%増)と好調。

■ユニバーサル園芸社
業種コード市場権利確定月
サービス業6061JASDAQスタンダード12月末・6月末
株価(終値)必要株数最低投資金額配当利回り
1899円100株18万9900円1.05%
【ユニバーサル園芸社の最新株価チャート・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2020年6月15日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。