米国ではアナログレコードの売り上げが過去14年にわたって伸び続けており、その額は2019年に5億400万ドル(約541億円)にも達している。だが、この“連勝記録”の維持は至難の業だろう。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響によってレコード店が数カ月も営業していなかったうえ、米国に現存する数十社のプレス工場も大打撃を受けているからだ。

「パンデミックによる危機に立ち向かう、米国アナログレコード業界の底力」の写真・リンク付きの記事はこちら

最大手の工場である何社かは感染症予防のために数週間の閉鎖を余儀なくされ、アナログレコードの供給が激減した。工場のオーナーの多くは、需要の急落を目の当たりにしたと言う。

「こんなことが起きるのは嫌なのですが、ヴァイナルをあきらめようと考えているレコードレーベルもあるようです」と、カリフォルニア州カマリロにあるレコードプレス工場、レコード・テクノロジー・インクのオーナーであるドン・マキニスは言う。「そうならないことを願っているけれど、そうなっても驚きはしませんね」

全米のプレス工場が操業を停止

ナッシュヴィルにあるユナイテッド・レコード・プレッシングは、1日に最大60,000枚のアナログレコードを生産する北米最大のプレス工場だ。テネシー州労働局への提出書類によると、同社は新型コロナウイルスの影響で、3月30日に従業員120名を一時解雇したという。

解雇がどのくらい続いたのか、そして何人の従業員が残ったのかは明らかになっていない。だが、工場は5月の操業開始まで数週間にわたって閉鎖されていた(この記事のために同社の代表にコメントを求めたが、回答は得られなかった)。

テネシー州の別の工場で、1日あたり約20,000枚のレコードを生産できるというメンフィス・レコード・プレッシングは、5月4日の操業再開まで約5週間にわたって閉鎖されていた。同工場は、連邦政府による救済融資プログラムを通じて100万ドル(約107億円)近くの資金を確保することで、一時解雇を回避したという。

「業界は確実に変化するでしょう」と、同社の共同創業者で最高経営責任者(CEO)のブランドン・シーヴァースは言う。「閉鎖前の受注残や未生産分を生産しなくてはならないので、リードタイムは非常に厳しいものになると思います」

閉鎖は全米の各地で起きていた。デトロイトでは、ジャック・ホワイトが設立し、1日に15,000枚のアナログレコードを生産できるというサードマン・プレッシングが7週間閉鎖された。5月11日に操業を再開したとき、世界はまったく変わっていた。

「音楽ビジネスは、どこもかしこもこんな感じさ」と、同社の共同経営者であるベン・ブラックウェルは言う。「何をすべきか、何をしちゃいけないのか、決まった答えなんてものはない。誰にもわからないんだ」

カンザス州サリナにある大手プレス工場のクオリティ・レコード・プレッシングスは、4月に1カ月にわたり操業を停止した。「元の状態に戻すだけでも、しばらくは猛烈に忙しくしていることになると思います」と、オーナーのチャド・カセムは言う。

パンデミック前の出来事の影響も

ヴァイナル業界の窮地に加え、パンデミック前の数カ月に発生したふたつの出来事が、サプライチェーンを混乱させている。

今年初めには、カリフォルニア州のアポロ・マスターズが火災に見舞われた。同社はアナログレコードの原盤製作に使われるラッカー盤を供給している数少ない企業のひとつであり、その影響はいまも尾を引いている。

関連記事:世界に2社しかないアナログ原盤の原料最大手が火災で全焼、レコード業界に波紋

レコードをプレスしたあと、それをどう店頭に並べるかも頭痛の種だ。米国におけるレコードやCDの流通業務の大半を担っていたダイレクト・ショットのパンク問題が、いまも影響しているからである。

そこにパンデミックに関連した出荷時のさまざまな障壁や、毎年世界で同時開催されているレコードの祭典「RECORD STORE DAY」の3回にわたる日程変更、さまざまなアルバムのリリース延期、ツアーの全面停止に伴う物販中止などが加わると、先行きはさらに不透明になる。

レコード業界の回復力

こうした理由で、多くのレコード工場が最低でも1カ月の生産遅延を強いられることになるだろう。だが、何年にもわたって供給量を増やしてきたヴァイナル業界にとっては、需要の急減のほうが大きな懸念材料となる。

2018年にテキサス州オースティンで創業したゴールド・ラッシュ・ヴァイナルは、毎年地元で開催されている世界最大規模の音楽フェス&カンファレンス「SXSW(サウスバイサウスウェスト)」が、新型コロナウイルスの影響で中止されて苦しんだ。工場の操業は許されているものの、4月の売り上げは約75パーセント減少したと、同社の創業者で社長のカレン・ケラハーは言う。

ゴールド・ラッシュ・ヴァイナルは最近アナログレコードのサブスクリプションサーヴィスを立ち上げたこともあり、売り上げの減少分をDtoCのビジネスで穴埋めしようと考えている。「政府の救済プログラムの申請は、わたしにとってフルタイム以上の仕事でした」と、ケレハーは言う。

ダラス近郊にあるハンド・ドロウン・プレッシングは、操業を続けていたにもかかわらず、米国に新型コロナウイルスの影響が出始めた最初の8週間で売り上げが90パーセント近く減少したと、同社の最高マーケティング責任者(CMO)のダスティン・ブロッカーは言う。

一方、ヴァージニア州北部のファーネス・レコード・プレッシングの社長兼CEOのエリック・アスターは、「2月下旬にすべての注文が止まったようです」と言う。

とはいえ、結束の強いヴァイナルコミュニティは、その回復力に誇りをもっている。クリーヴランドのプレス工場、ゴッタ・グルーヴ・レコーズは6週間以上閉鎖されていた。ところが、5月時点でビジネスが通常の80パーセント程度にまで回復していたと、営業・マーケティング担当副社長のマット・アーリーは語る。

「3月下旬の段階では、誰にも今後の見通しが立てられない状況でした」と、アーリーは振り返る。「だからといって小売業界が完全な崩壊に向かっていたのかといえば、実際そういうわけでもなさそうですよね」