シム・ウンギョン&夏帆が主演…映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」7月に韓国で公開決定

写真拡大

女優シム・ウンギョンが主演を務めた日本映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」が、来月に韓国で公開される。

配給会社は15日、「ブルーアワーにぶっ飛ばす」(監督:箱田優子、輸入配給:AUD)が7月に公開を確定したと明らかにした。韓国の女優としては初めて「日本アカデミー賞」で最優秀主演女優賞を獲得した女優シム・ウンギョンと、映画「海街diary」(監督:是枝裕和)の夏帆が出会った。

また、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作「万引き家族」の制作陣が出会って期待を集めている本作は、完全に疲れたCMディレクター砂田(夏帆)が帰りたくなかった故郷で、自由な友だち清浦(シム・ウンギョン)と旅行に行くことから始まる特別な物語だ。

公開に先立ち、3月にはシム・ウンギョンと夏帆が日本の代表的な映画祭である高崎映画祭で「ブルーアワーにぶっ飛ばす」で最優秀主演女優賞を共同受賞し、圧倒的かつ深みのある演技力を証明して話題を集めた。メガホンを取った元CMディレクターの箱田優子監督は、スクリーン演出デビュー作にもかかわらず、「第22回上海国際映画祭」のアジア新人部門最優秀監督賞を受賞するなど、華やかな履歴で一気にスポットライトを浴びた。

自身の自伝的ストーリーが練り込まれたシナリオで、評論家たちの好評を博し、ビジュアルマスターからストーリーテラーに完璧に変身した彼女。そんな彼女は「万引き家族」の撮影監督だった近藤龍人に会って、圧倒的かつ感性的な映像まで披露する予定だ。

この日に公開されたメインポスターは、ブルーカラーにファンタジーな雰囲気のドット効果で一気に視線を奪う。また、浮きだった表情の清浦とリラックスした姿勢で笑顔を浮かべている砂田は、旅行に行く直前のときめきいっぱいの表情で車の中の空気さえも感じさせる。

2人の女優の愛らしく清涼感溢れるケミ(ケミストリー、相手との相性)は、疲れた人々に共感と慰めの感情を伝える上で十分だ。そこに「ごく普通の今日、特別なあなたのためのブルーアワー」というフレーズまで加えられ、自分も知らない間に大人になってしまった私たちのための休息と癒やしの映画であることを完璧に見せる。このように「ブルーアワーにぶっ飛ばす」は、公開確定と同時に観客たちの期待を高めている。

シム・ウンギョン、夏帆と共に「第34回高崎映画祭」最優秀主演女優賞を受賞!韓国女優として2度目の快挙

“日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞”シム・ウンギョン、喜びの感想を語る「まだ実感がない」