画像はイメージです

写真拡大

岸田綾花(仮名・25歳)

 ある日、彼とドライブデートをすることになりました。当日は夏だったので、私は海沿いの潮風を浴びながらドライブをしたいと提案。しかし彼は、どうしても山に行きたいと言うのです。自然が楽しめるのは良いと思ったのですが、私の場合、山道は酔いやすいので乗り気ではありませんでした。なので、なぜそこまで山に行きたいのかと尋ねると、絶対に行きたいパワースポットがあるとのこと。

 ​>>執拗に怒りをぶつける男〜本当にあった怖い彼氏〜<<​​​

 今までスピリチュアルなことなど、話題に挙げたことがない人だったので驚きましたが、ずっとお願いされたので渋々OKすることに。それでデート当日、山の中にあるパワースポットと呼ばれる神社に行き、お参りや写真撮影などをしました。最初心配していた車酔いもすることなく、なんだかんだで、山のドライブデートは楽しめました。

 しかしその帰り、もう1つ行きたい場所があると、車を走らせる彼。どこに行くかは教えてもらえず、ひたすら山道を進んでいきました。そして、ある程度進んだ人気のない場所で車を止めると、突然、私に覆いかぶさってきたのです。汗をかいてシャワーも浴びていませんし、周囲に人がいないとは言え、窓から丸見えの車ですることに抵抗があった私は、全力で拒否。すると、彼は「ここで降ろしたら1人で帰れないよね? それにガソリン代も俺が払ってんだし、別にいいでしょ!」と、怒り気味で言ってきて恐怖を感じました。とにかくしつこかったので受け入れてしまったんですが、その出来事で一気に覚めましたね。写真・ Eu_go