専門家が予測! この夏“絶対流行るエスニック料理”は「バインミー」【レシピあり】

写真拡大

日本国内でエスニック文化や食の普及活動を行う「一般社団法人 日本エスニック協会」が、昨年に引き続き「日本エスニック協会が予測する“この夏絶対流行する!エスニック食“ランキング」の結果を発表しました。

今年流行るエスニック料理はこれ!トップ3【画像で紹介】

昨年は「ビリヤニ」「フムス」「カオソーイ」が上位となりましたが、新型コロナウイルスの影響により、テイクアウトで人気の「バインミー」が1位にランクイン。

2位、3位は昨年と変化なく、健康志向に人気の「フムス」と、日本人好みなテイストの「カオソーイ」が並びました。

また、同協会では新型コロナウイルスの影響で各国イベントが軒並み延期・中止になったこともあり、おうちで手軽にエスニックを楽しむ「おうちエスニック」の推進するため、今回1位になったバインミーをお手軽に自宅で作れるレシピも公開。

各国ビールと楽しめば、自宅でも各国のフェスを味わえます。

2020年“この夏絶対流行する!エスニック食”ランキング

1位:バインミー
2位:フムス
3位:カオソーイ

1位:バインミー

フランスパンに野菜やパテなどを挟んだ具沢山のサンドウィッチ。

野菜や肉類など、様々な具材をパンにはさんで食べるバインミーは、休日のブランチなどにもぴったりなベトナム版サンドイッチ。バインミーという名前自体に「フランスパン」という意味があります。

同協会では、バインミー専門店の増加とともに、新型コロナウイルスの影響でテイクアウト需要が増加しており、具のバリエーションの多さから、飽きることなく食べることができ、見た目もおしゃれということで、人気が加速しているのでは、と分析しています。

2位:フムス

2019年の2位だったフムス(=ホモス、フンムス)は、レバノンやイスラエルなど中東の広い地域で昔から親しまれてきたソウルフード的存在。

「メゼ」と呼ばれる中東料理の前菜を代表する一品で、ひよこ豆とタヒーニ(中東の練りごま)、オリーブオイルなどをペースト状にしたものです。

昨今の健康ブームに、新型コロナウイルスが拍車をかけ、自宅でも手軽にでき、美容や健康にもいいということで、「おうちエスニック」メニューの中でも多くつくられるメニューに。

3位:カオソーイ

第3位も2019 年から引き続きライクインしたカオソーイ。タイの北部、第二の都市であるチェンマイの名物料理。レッドカレーペーストをベースとしたスープに卵麺。さらに揚げ麺をトッピングするという独特な麺料理です。

カリカリの揚げ麺とモチモチの卵麺の食感の違いが楽しく、ココナッツミルクのマイルドな味に、チリの刺激が加わり、さらにタイライム、アカワケギ、高菜漬けが添えられることで、味がグッと引き締まります。

カレー+ラーメンという日本人に馴染みのある2つメニューの合体というイメージもあり、テイクアウトでも人気。また、ちょっと凝ったおうちエスニックを楽しむ層からの支持も強く、自宅レシピを公開している人も増えています。

「おうちエスニック」を楽しめるバインミーレシピ

おうちで手軽にエスニック気分を楽しめるように、当協会アンバサダーの伊能すみ子さんが監修したバインミーのレシピがこちら。

バインミーバインミー

【材料】(2人分)

<紅白なます>

大根・・・80g
人参・・・20g
A(米酢・・・大さじ2、砂糖・・・大さじ1.5、ナンプラー・・・小さじ2)

<焼肉>

豚バラ肉厚切り・・・40g *薄切りでも可
サラダ油・・・少々
塩・・・適量
胡椒・・・適量

フランスパン(約20僉法ΑΑ2本
バター・・・適量
レバーペースト(市販品)・・・40g
胡瓜・・・適量
パクチー・・・適量

【作り方】

(1)大根と人参を千切りにする。ボウルにAを入れてよく混ぜたら、大根と人参を浸しておく。
(2)豚バラ肉は3cm幅に切って、サラダ油をひいたフライパンで焼き、塩、胡椒で軽く味付けをしておく。
(3)フランスパンの横から切り込みを入れ、バター、レバーペーストを塗る。斜め切りした胡瓜、焼肉、紅白なます、パクチーの順番に挟んでいく。

【伊能すみ子さんコメント】

野菜や肉類など、様々な具材をパンにはさんで食べるバインミーは、休日のブランチなどにもぴったりなベトナム版サンドイッチです。ナンプラーの風味広がる紅白なます、レバーペーストなど、具材をたっぷり入れて楽しみましょう。また、具材はハムやソーセージ、魚やオムレツなど、お好みのものを入れても良いですね。

この夏は、レストランで、またおうちで手作りで、エスニックグルメを楽しんでみては?