血液型別|寂しがりやランキング

写真拡大

あなたは寂しがりやなタイプですか?
元々寂しがりやなら、好きな人に甘えたいタイプも多いかもしれませんね。
ひとりでも全然平気なタイプなら、好きな人ができても、比較的淡泊な付き合いになるかもしれません。
というのも、好きな人の寂しがりや度で、付き合い方は変わってくるのでは?
今回は、血液型別に寂しがりやランキングをまとめてみました。

目次

第4位:O型

O型は冷静でおおらかな血液型です。感情的に取り乱すことはせず、聞き上手で包容力のあるタイプなので、付き合っていて安心感を抱く人は多いでしょう。よって、O型と付き合う相手にとって、寂しさを感じることは少ないのでは。
自分に対しても他人に対しても、「終わりよければすべてよし」の考え方なので、お互いがきちんと好きの気持ちがあるなら、相手が少々遊ぼうが構わないと思っています。相手を遠くから見守ることも厭わないタイプであることから、寂しがりや度としては低めでしょう。
しかし、O型はロマンチストな血液型なので、積極的に恋愛をしたいタイプ。淡泊に映ることは少なく、付き合っていて居心地がいいタイプといえます。

第3位:B型

B型は一点集中型の思考回路を持つ血液型です。仕事に夢中になるタイプなら仕事人間に、恋愛に夢中になるタイプなら恋愛人間になります。恋愛タイプのB型であれば、相手にとことんお熱になるので、寂しがりや度も高めでしょう。
しかし、仕事タイプのB型の場合、恋愛は二の次になる可能性が高く、寂しがりや度は低くなりそうです。相手が何に夢中になっているかを見極めることで、寂しがりや度が見えてくるのでは。
ただし、恋愛タイプでもB型の場合、熱しやすく冷めやすいことから、一度イヤな目に遭っただけで、たちまち恋愛感情が冷めてしまう極端なところがあります。仕事タイプの場合、優先すべきは仕事で、家庭や恋人のことは頭から抜け落ちていることも多いことから、パートナーとしては寂しい思いをしたりすることがあるかもしれません。
とてもわかりやすい血液型ですが、自分との相性を冷静に見極める必要がありそうです。

第2位:AB型

AB型は自由で気ままな血液型です。感性でモノを考えるタイプで、思い付きで自分の考えをコロコロと変える一方で、無邪気な子どものように見えて、傷つきやすい繊細な一面も持っています。そのアップダウンが激しく、付き合っている人にとっては手を焼いてしまうかもしれません。
かたや束縛されることを嫌い、小悪魔のように異性を翻弄させるAB型。その姿は、まるで猫のようです。構ってほしい気持ちがあるなかで、干渉し過ぎるのはイヤになってしまう……。そのバランスが難しく、付き合い方に悩んでしまう異性も多いでしょう。
彼らを自由にしてあげつつ、どこか安心感をもたらすように甘えさせてあげることで、彼らがどこかに行くことはありません。ほどよい距離感で接してあげることで、彼らの寂しさを上手に満たすことができそうです。

第1位:A型

A型は情と調和を大切にする血液型です。ちょっと優柔不断で、頼りがいに欠ける彼らだけに、人を頼りにすることは多いでしょう。どちらかというと、母性的で心優しいタイプのA型。恋をすると、構ってちゃんになる人は多く、甘えん坊な人も少なくないでしょう。
好きな人が構ってくれないと、寂しさを感じ、相手との関係に悩んでしまう人も多いと思います。付き合う相手によっては、A型の愛情が重たく感じられてしまうかもしれません。
しかし、同じように寂しがりやなタイプなら、寂しさを通じてふたりの愛が育つ可能性も。同じ感覚なら相性もいいでしょうし、相手の気持ちもわかるので付き合いやすいのでは。寂しさをバネに、ふたりの関係を成長したり、自分磨きに充てられたりできるといいかもしれませんね。

おわりに

自分や相手の寂しがりや度によって、付き合い方や相性も見えてくるでしょう。
ぜひ関係の図り方のヒントにしてみてくださいね。
(柚木深つばさ/ライター)
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)