厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第3回:ヨーホーレイク

 現役時に一世を風靡した名馬が、種牡馬や繁殖牝馬となったあとも、多くの活躍馬を送り出し、改めて注目されることはよくある話。一方で、現役時はパッとしなかった馬が、引退後、とりわけ繁殖牝馬になってから、優れた子どもを出し続けて脚光を浴びることがしばしばある。

 そんな、引退後に名を挙げた母を持つ馬が、まもなくデビューを迎える2歳馬にいる。栗東トレセンの友道康夫厩舎に所属するヨーホーレイク(牡2歳/父ディープインパクト)である。

 母は、クロウキャニオン。現役時代は1勝しか挙げていないものの、繁殖牝馬となってからは、好成績を挙げる産駒を毎年のように出してきた。今や、競馬ファンにとっては、馴染みの存在。とにかく「ハズレがない血統」と評され、まさに引退して母になってから、その名を馳せた1頭と言える。

 実際、彼女はこれまでに11頭の子どもを世に出して、皆、勝利を挙げている。重賞戦線で活躍した馬も多く、2008年生まれのボレアスは、GIIIレパードS(新潟・ダート1800m)を制覇。地方交流重賞のダートGIでも、2着と好走している。

 2009年生まれのマウントシャスタも、デビュー2連勝のあと、GIII毎日杯(阪神・芝1800m)で2着と健闘。その後、GII神戸新聞杯(阪神・芝2400m)でも3着と善戦している。

 クラシックの栄冠に最も近づいたのは、2010年生まれのカミノタサハラ。前哨戦のGII弥生賞(中山・芝2000m)を勝って、GI皐月賞(中山・芝2000m)でも4着と奮闘した。



ヨーホーレイクのひとつ上の兄、ストーンリッジは2戦目のきさらぎ賞で2着と好走

 その後も、重賞で上位に食い込む馬がコンスタントに出ており、ヨーホーレイクの1つ上の兄、2017年生まれのストーンリッジも、デビュー戦を快勝したあと、2戦目に挑んだGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)で2着に入っている。

 ただ、これだけ多くの活躍馬を出しながら、GIタイトルをつかんだ馬はいまだにいない。その分、ヨーホーレイクにはその”夢”の実現に大きな期待がかかっている。

 では、同馬に関わるスタッフたちは、どんな感触を得ているのか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「ヨーホーレイクについて、友道調教師は『大柄で馬っぷりがよく、体に迫力がある』と話しています。それでいて、『大きさのわりに、柔らかみがある』とも言っています。

 また、同厩舎が輩出したダービー馬の先輩たちの名前を挙げて、同馬についてコメント。『同じディープインパクト産駒では、マカヒキに近い』と語っていました」

 なお、厩舎の別のスタッフから、友道調教師とは少し違った評価が聞かれたそうだ。先述のトラックマンが続ける。

「あるスタッフは、『体重があって、背も高いのですが、体自体は細く見えるタイプ』と話していました。大柄ながら、見た目はスラッとしているようですね。何にしても、『能力はあると思います』とのこと。この点においては、どのスタッフも意見は一致しています」

 現時点では、7月12日の2歳新馬(阪神・芝1800m)でデビューの予定。鞍上は、武豊騎手が務めるという。 はたしてヨーホーレイクは、兄姉が果たせていないGIタイトルを獲得し、偉大なる母に吉報を届けることができるのか。初陣の走りに、まずは注目したい。