毎年0.4%の炭素を耕作地の土壌に加えることが、地球温暖化の解決につながる!?

写真拡大

◆化石燃料を使う前からの「大地のかく乱」が温暖化につながった

 炭素豊かな土壌に、地球温暖化解決の方法を見つけた。それは、「4パーミル(0.4%)の炭素を土壌に」というものだ。

 知っている人なら、フランスがパリ議定書の際に提案したアイデアだとわかるだろう。今ある耕作地の土壌に、毎年0.4%の炭素を加えるだけでいい。

 それだけで、全世界では毎年大気に放出される二酸化炭素の75%を固定することができるのだ。

 しかしこの提案を多くの人は知らない。なぜなら地球温暖化の話では、ほとんど農業の話など関係ないと思われているからだ。だが地球上の大気の炭素分の約半分は土壌から放出されたものなのだ。

 人間が大地を壊し、土地に蓄えられていた炭素を大気中に放出させてしまったのだ。地球温暖化と言えば「化石燃料の燃焼」の問題だと覚えてきたが、実はそれ以前からの大地のかく乱の影響のほうが大きかったのだ。

◆「土を大切にする」地球温暖化対策が必要

 そうなると、対策ももっと抜本的な考え方の変換が必要になってくる。今のままただ化石燃料を使わなくなるだけでなく、「土を大切にする」地球温暖化対策が必要になる。FAO(国際連合食糧農業機関)の地図には、世界の土壌がどれほど壊されたかが示されている。

 それを見ると、日本は意外と「安定地域」となっている。しかし、世界的に見ると地球の土壌の荒れ方が惨憺たるありさまだ。確かに振り返ってみると、世界中でのエネルギーの無駄な利用以前に、世界各地での土壌流出や劣化、農地の荒廃は語られていた。それが実は、大きな地球温暖化の原因となっていたのだ。

 土というのは無機物と有機物との混合物で、生命を育む「母」だった。それが戦後に広がった化学肥料の洗脳の中で、ただの無機物のように扱うようになっていたのだ。土を有機物のように考えると、そこにはたくさんの微生物がいて、その豊かさに支えられて作物が育ち、消費者と呼ばれる動物たちが生きられる。

 いわゆる化学的な「窒素、リン酸、カリウム」だけでは植物は育たない。植物は根の周囲の菌類や微生物との共生によって、根の張った広さの7倍の範囲から栄養分を集めていると言われている。その菌や微生物たちに栄養を届けるために、根から水溶性の炭素や糖分などの栄養を届けていたのだ。

◆地下湖に莫大な量のCO2が蓄積されている!?

 でもどうしたら土壌に炭素を戻せるんだろうか。ここでたいへん面白い事例を見つけた。中国の新疆ウイグル自治区。石油や天然ガスが取れて資源が豊かなために、今や世界中から、そして中国政府からもホットな扱いを受けている地域だ。

 知られていないが、そこにアメリカの五大湖の10倍もの地下水を蓄えている地下湖がある。その地下湖に約1兆トンもの莫大なCO2が蓄積されているようだという記事だった。それまで吸収源を特定できないCO2はミッシングシンク (missing sink) と呼ばれ、その行き先は未解明のままとなっていた。

 その記事とは、「『消えたCO2』の謎が解明か/砂漠の地下の帯水層が大量のCO2を貯蔵、農業による灌漑が加速」という論文の紹介記事だ。「ワイリーサイエンスカフェ」というところに紹介されている。

「植物の根や地中の微生物から土壌中に排出されたCO2は、乾いた砂漠なら大部分が大気中に放出されますが、この地域の農地では、農家が塩害対策として大量に使用する灌漑用水とともに地下深くに送り込まれ、…地下水を蓄える帯水層…に約200億トンのCO2が蓄積されたのではないか」

 要は植物の根から土壌中に排出される液体化した炭素が、地下水に隠れ混んでいたというのだ。確かに植物は土壌の微生物と共生していて、微生物に栄養を届ける代わり、ミネラルや水分等を届けてもらうことが知られている。