6月11日、AdobeがiOS/Android端末向けカメラアプリ「Photoshop Camera」の配信を開始しました。

同社が「ソーシャルメディアで写真を共有して目立ちたいモバイル初心者向けのソフトウェア」と謳っているだけに、SNS上にはさっそく「Photoshop Camera」を使った写真が数多く投稿されています。

https://twitter.com/MedhatEidME/status/1271462120966758400

https://twitter.com/Nikolai3d/status/1271456796335468545

https://twitter.com/AshuMittal/status/1271650645955637248

https://www.instagram.com/p/CBWkTMhjhLS/

https://www.instagram.com/p/CBVmUtsjIEY/

AIテクノロジーを活用した「Photoshop Camera」は被写体を自動的に分析し、最適なフィルターやエフェクトを判断してくれます。レンズやフィルターの多くは、著名アーティストやインフルエンサーが考案しており、SNS向けの投稿に最適です。タップやスワイプだけで色調やポートレートの補正といった修正も簡単に出来るようになっています。

Adobe Photoshop Camera公式サイト
https://www.adobe.com/jp/products/photoshop-camera.html[リンク]

Introducing Adobe Photoshop Camera | Adobe Creative Cloud(YouTube)
https://youtu.be/zRfG7cWqCG8

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=zRfG7cWqCG8

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』