浦和、無観客試合での横断幕掲出の禁止を発表…感染防止に努める

写真拡大

 浦和レッズは12日、新型コロナウイルス感染予防のため、無観客試合での横断幕掲出がJリーグ統一ルールのもとに禁止となることをクラブ公式サイトで発表した。

 これまでサポーターの健康と安全を第一に感染防止策を万全に施すという条件つきで横断幕掲出の許可を求めてきた浦和レッズ。クラブの立花洋一社長はJリーグ全クラブに呼びかけを行うなどの活動も精力的に行ってきた。しかし、クラブの思いとは反対にJリーグ統一ルールを前提として今回このような結論に至った。

 新型コロナウイルスの影響を受け、感染予防を第一に考えるとはいえ熱狂的な浦和レッズサポーターにとっては残念な決定ではあるかもしれない。しかしクラブとしてはこれからも「REDS WONDERLAND」の実現に向けてJリーグに働きかけていく構えだ。

 クラブはJリーグ再開にあたりこの難局をサポーターやクラブ関係者とともに乗り越えていくことを表明し、また理解をよびかけている。