「Z会プログラミング講座 みらい with ソニー・グローバルエデュケーション」(公式Webサイト)

ソニー・グローバルエデュケーションとZ会はプログラミングロボット学習キットとSTEAM教育理論を融合させたプログラミングの通信学習講座「Z会プログラミング講座 みらい with ソニー・グローバルエデュケーション」を共同開発し、6月11日より申込受付を開始した。

講座は、小さなブロックを組み合わせてプログラミングし、実際に動作するオブジェクトを創り出せるロボット・プログラミング学習キット「KOOV」を使ったカリキュラムで、新開発のオリジナルテキスト「みらいワーク」ではコードのみならず"多様性・不確実性を受け入れるしなやかな姿勢"や"主体的に創造する力"を身につけることを目的にしている。

ソニー・グローバルエデュケーションの「KOOV」を使った作品(同社資料より)

オリジナルテキスト「みらいワーク」(同社資料より)

講座は「Z会の通信教育」受講者に限定せず、全国の小学生を対象としており、7月から開講する「スタンダード1」(小学1から3年生推奨)、12月からは「スタンダード2」(1を修了、小学2年生以上推奨)、「スタンダード3」(2を修了、小学3年生以上推奨)が開講する。

各講座とも月1回、全12回の1年間のカリキュラムで「スタンダード1」が月額4,000円(以下税別)、「スタンダード2」と「スタンダード3」が月額5,000円。初回申し込み時にKOOVアドバンスキット、プログラミング環境には、タブレットまたはパソコン環境が別途必要となる。