中国ビジネスの本当の魅力、特徴とは?アフターコロナで中小ベンチャーが成功するには?

写真拡大

 今回のタイトルについては執筆が何回かに分かれるが、まず今回は前提を書きたい。

 「中国市場は大きい。凄い」とよく言われる。おそらく14億と言う人口の多さと鈍化しつつも経済が成長過程にあるという雰囲気から語られているのだろう。

・今すぐ読みたい→
日中ビジネスの専門家が見た「アフターコロナの中国」 https://cocokara-next.com/lifestyle/after-corona-in-china/


 ただし、そのフレーズが耳に入った瞬間、思考停止してしまう。シンプルに日本と比較して物がたくさん売れるのではないかという理解に留まってしまう。

 本来、中国市場の特徴は多様性だ。あれだけ人口がいる中には経済力も様々だし、購買に関する価値観も様々である。

 有名商品の偽物や類似でよい人もいれば、本物を正規の値段で購入することで満たされる人もいるだろう。コスメも女性用だけでなく、男性用も日本より展開されており、その路線の網紅(専業インフルエンサー)の知名度も上がってきている。

 簡単に言うと、経済力の多様性と価値観の多様性、それに販路の多様性を踏まえて中国には商品展開をすることが効率的だと思っている。

 それを踏まえずに「14億人の市場で売れる」という雰囲気に呑まれて商品展開すると、中国で販売する為の骨の折れる諸手続きをようやく終えて販売出来ても結果は不振に終わり、「中国人とのビジネスは難しい。彼らを信用できない」と安直な感想にも留まる傾向がある。

 日本の大手企業のブランド品、例えばコスメや粉ミルク、紙おむつであればそのまま中国展開しても雰囲気通りの結果も出るのだろう。

 中小ベンチャー企業の良質な商品を同じように中国展開しても同じような結果にはなりにくい。そもそも日本での実績やプロモーションを横展開しても大手企業のそれとは規模が違う。

 そうすると中小ベンチャーの商品やサービスは中国展開に適していないのではないかというと、そういうわけでもない。

 ただ、それは身の丈に合わない資金を調達することでもなければ、日本での実績を無理矢理作ることでもない。

 あくまでも良質な商品であることが大前提であるが、中国の有力マーケッターと共に中国に適した商品展開を行うことである。その商品は既に日本で販売しているものにこだわる必要はない。中国を見据えて企画レベルから一緒に進め、日本で開発・生産することによって商品の質と日本産をしっかり担保することが重要だ。

 これは実はセンスが重要になってくる。中国向けに寄りすぎるとただの中国ローカル商品と変わらなくなってしまう。つまり、センスの良い中国のマーケッターと出会い、彼ら彼女らの保有する販路で展開してもらうことが重要だ。

 次回、日本の中小ベンチャー企業の化粧品を例として、アフターコロナでの中国展開について掘り下げてお伝えしたい。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
日中ビジネスの専門家が見た「アフターコロナの中国」 https://cocokara-next.com/lifestyle/after-corona-in-china/

山本 岳志(やまもと・たけし)

SRBTechコンサルティング株式会社 取締役副社長 パートナー
一般社団法人亜洲一帯一路国際開発協会 総監

中国ビジネスに2001年から携わり、進出する側の経験も、今ではそれを支援する側の立場としても見識を積む。
新卒としてバンダイグループ企業(株式会社バンプレスト)にて、ゲーム開発の専門職として経験を積み、その後入社したモバイルコンテンツ企業(株式会社インデックス)では、ディレクターから部門長、制作子会社の代表取締役と中国子会社の董事副総理も兼務し、日中でのマネージメントを経験。
その経験を活かしてウェブマーケティング企業(株式会社アイ・エム・ジェイ)へ移り、経営企画職にて中国企業のM&Aに携わり、現在は中国に進出する企業の総合実務支援を行う現職にて、取締役副社長パートナーとして、業界問わずコンサルティングに従事。