セキュリティソリューションを提供するサイバーセキュリティクラウドと損害保険ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、フィナンシャル・エージェンシーの4社は、新しい損害保険商品とソリューションの共同研究を行うことを発表した。

クラウド型WAF「攻撃遮断くん」(公式Webサイト)

企業経営の重大リスクにもなるサイバーセキュリティに備えた保険商品や関連ソリューション開発のために4社が共同で行うもので、サイバーセキュリティクラウドのクラウド型WAFやAWS WAF自動運用サービスから得られるビッグデータ1.3兆件超(通信データ、検知データ)を解析、定量化するなど研究を進める。

サイバーセキュリティクラウドは、クラウド型WAF「攻撃遮断くん」「WafCharm」やAWS WAF自動運用サービス「WafCharm」などセキュリティソリューションを展開しており、SOMPOホールディングスの損保ジャパンはサイバー保険を、SOMPOリスクマネジメントはサイバーセキュリティソリューションをそれぞれ提供。フィナンシャル・エージェンシーは、保険市場のDXやBPOを推進している。