Microsoftは米国時間2020年6月10日、Excelに新たな関数「STOCKHISTORY」を追加することを公式ブログで明らかにした。文字どおり株価や債券、ファンド、通貨ペアなどの推移をExcelに取り込む関数で、現時点でOffice InsiderのBetaレベルを選択したユーザーの半数で展開している。

上場企業の株価履歴をExcelに取り込める(画像は公式ブログより抜粋)

「STOCKHISTORY(金融商品, 取得する最初の日時, [取得する最後の日時],[日週月単位の間隔],[見出し], [プロパティ]……)」と指定する。Microsoftの株価を取得するのであれば、「=STOCKHISTORY("MSFT", "3/17/1986", TODAY())」と記述すればよい。より詳細な記述はサポートページで確認できる。本機能はユーザーコミュニティの間で強い要望を集めていた。

阿久津良和(Cactus)