立川・プレイ ミュージアムで「エリック・カール 遊ぶための本」展 -「はらぺこあおむし」原画など展示

写真拡大

オープン記念 常設展「エリック・カール 遊ぶための本」が、2020年6月10日(水)、東京・立川にオープンする美術館「プレイ ミュージアム(PLAY! MUSEUM)」にて開催される。会期は2021年3月28日(日)まで。

“絵本の魔術師”エリック・カール

“絵本の魔術師”と呼ばれ、日本でも人気を集める絵本作家、エリック・カール。絵本『1、2、3 どうぶえんへ』を発表して以来、『はらぺこあおむし』『パパ、お月さまとって!』といった絵本を手がけ、世界中で親しまれてきた。

“おもちゃ”としての絵本

エリック・カールの絵本の特徴は、随所に隠されたユニークな仕かけ。例えば『巨人(ジャイアント)に気をつけろ!』では、ページに描かれた本や壺の蓋がめくれるように仕上げられ、開くと別の絵が現れるというように、まるで“おもちゃ”のように作られている。

「エリック・カール 遊ぶための本」では、絵本を“おもちゃ”に見立てるという新しい視点から、エリック・カールの世界を紹介。「くぐる」「きく」といった10の遊び方に分けて、カールが描いた絵本原画を展示する。

くぐる─はらぺこあおむし

「くぐる」では、ベストセラー「はらぺこあおむし」シリーズを、鮮やかなイラストレーションとともに紹介。この作品では、あおむしが果実をかじる場面のページに本物の穴がくり抜かれており、穴ぼこを触って物語を経験できるだけでなく、あおむしとともに時間をくぐり抜け、生き物の変身を目の当たりにすることができるのだ。

きく─歌いだす“コオロギぼうや”

一方「きく」では、生まれたばかりの“コオロギぼうや”が歌えるようになるまでの物語『だんまりこおろぎ』をピックアップ。最後の場面には、コオロギの“歌”が聴こえるような仕かけが隠れている。また、昼の空が真っ白であるのに対し、濃い青や藍色による夜空の表現も目を惹く。

かぞえる─増える動物たち

また「かぞえる」では、デビュー作『1、2、3 どうぶえんへ』を紹介。汽車に乗った動物たちが、ページをめくるごとに増える同作では、数や生き物といった要素に楽しみつつ親しむことができる。コラージュで作られた象などの生き物は、絵具の濃淡やドリッピングもリズミカルで、目にも楽しげだ。

かく─想像力豊かな動物の世界

さらに、「かく」では、青い馬や緑のライオンを暖色のグラデーションを背景に描いた『絵をかくかくかく』を紹介。ドイツの画家フランツ・マルクの《青い鳥》を見た思い出を元にした同作は、「絵のなかならば青い馬や赤いワニがいてもいいじゃない」という発想から描かれており、カールの自由な想像力が発揮されている作品だといえよう。

制作にまつわる品々も

ほかにも、スモック、使用した筆や絵具といった画材、コラージュに使った紙など、エリック・カールの制作にまつわる品々も。絵具の色や形からは、それだけからでもカールの世界観が立ち現れてきそうだ。

本展はそのように、絵本という完成された作品だけでなく、そこに至る創作の基盤や過程へと目を向けさせることで、エリック・カールの創作世界の深みへと誘ってくれる展覧会となっている。

限定グッズ&カフェメニューも

なお、ミュージアムに併設されるショップでは、ドロップやミニタオル、ドールなど、「はらぺこあおむし」をモチーフにした限定グッズを豊富に展開。

またカフェでは、「はらぺこあおむし」をイメージしたサンドウィッチやパフェといった、ここでしか楽しめないメニューを用意している。

展覧会概要

オープン記念 常設展「エリック・カール 遊ぶための本」
会期:2020年6月10日(水)〜2021年3月28日(日)
[前期 2020年6月10日(水)〜11月1日(日) / 2020年11月2日(月)〜2021年3月28日(日)]
※絵本原画は前期・後期で展示替えあり
会場:プレイ ミュージアム(PLAY! MUSEUM)
住所:東京都立川市緑町3-1 グリーンスプリングス W3
開館時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
※会期中無休(展示入替および年末年始のぞく)
入場料:一般 1,500円、大学生 1,000円、高校生 800円、小・中学生 500円、未就学児 無料
※「企画展」「常設展」の2つの展覧会を観覧可
※公式サイトより日付指定のファストパスチケットを購入可

■カフェメニュー例
・はらぺこあおむしのフルーツパフェ 1,480 円+税
【写真付きで読む】立川・プレイ ミュージアムで「エリック・カール 遊ぶための本」展 -「はらぺこあおむし」原画など展示

外部サイト