浦和「約20億円の減収、10億円前後の赤字に転落する可能性を試算」

写真拡大

 浦和レッズは10日、代表の立花洋一氏が公式サイトで今シーズンの経営状況における見通しを説明した。

 リーグは現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために中断中。クラブは同日、「当初予定していたシーズンチケットのサービスが提供できない」と判断して、シーズンチケットの全額払い戻しを発表した。

 クラブはコロナ影響下における、年度経営計画を見直したところ、「約20億円の減収、10億円前後の赤字に転落する可能性もあり得る」と試算。「今回の見直しした経営計画をベースとして、今後少しでも赤字を減らし、黒字に回復していくため、様々な施策を実行していく必要があります」と厳しい状況を説明した。

 改善案として「役員報酬の一部カット」「クラブスタッフの一時金削減」など具体策を示すと、立花代表は「全クラブスタッフの前でこの未曽有の事態をみんなで一丸となり乗り越えていきたい」と決意表明したことを明かしている。