iOS13.6/iPadOS13.6ベータ2では、iOSのダウンロードとインストールのそれぞれについて、自動実行の有無を選択可能になっていることが分かりました。

ダウンロードとインストールの自動実行を個別設定可能に

現地時間6月9日にリリースされたiOS13.6/iPadOS13.6のベータ2では、「設定」アプリの「一般」メニュー内にある「ソフトウェア・アップデート」メニュー内に「自動アップデートのカスタマイズ」メニューが追加されています。
 
そして、「iOSアップデートのダウンロード」と「iOSアップデートのインストール」のそれぞれに、トグルボタンで実行の有無を選択できるようになっています。
 


 

これまでは「自動アップデート」の設定のみ変更可能

現時点で最新版のiOS13.5.1までは、「自動アップデート」のオン/オフのみが設定可能です。
 
オンにしていると、iPhoneが充電器とWi-Fiに接続されていればiOSアップデートのダウンロードとインストールが自動で行われます。
 

 

初期設定ではどちらもオン

ダウンロードとインストールを個別設定できる点で、iOSがmacOSのアップデート設定に近づいたと言えます。
 

 
新しい設定は、ストレージ容量を節約したいユーザーや、ダウンロードしておいて様子を見てからインストールしたいユーザーに、向いていそうです。
 
なお、初期設定では自動ダウンロードと自動インストールのどちらも有効(オン)になっています。
 
 
Source:MacRumors, Jeremy Horwitz/Twitter
(hato)