トライベック・ストラテジーは6月9日、アフターコロナ時代において企業が情報発信の在り方を根本から見直し、ガバナンス強化や顧客コミュニケーション向上を実現するために、多面的な視点から企業公式サイトの運用体制や品質向上に向けた取り組みを評価・分析する「企業公式サイト運用診断プログラム」の提供を開始した。

同社では、アフターコロナ時代を見据えた危機対応・ガバナンス強化(企業視点)と、生活者インサイトを踏まえた顧客コミュニケーション向上(ユーザー視点)を実現するために、企業サイトの運用課題を多面的な視点で可視化する評価プログラムを開発した。

企業公式サイト運用診断プログラムの評価軸

運用課題を踏まえて、具体的な改善提案や運用支援も提案し、課題を踏まえて具体的な改善提案や運用支援もワンストップで提供する。

サービスの提供とフロー

運用ガイドライン策定では、運用体制、更新フロー、コミュニケーション・課題管理、運用基盤(システム・ツール)など、運用について遵守すべきルールを明記した運用ガイドラインを作成し、Webガバナンスの基で効率・安全にサイトを運用していくための基盤を整備。

企業公式サイト運用代行については、Webサイトの運用に必要な人材(コンサルタント、ディレクター、デザイナー、コーダーなど)をお客様の運用チームとして編成し、オウンドメディアの運用・管理を代行する。

BCP/セキュリティ対策に関しては、災害や事故などの不足の事態が発生した際にも、セキュアな環境で企業としての情報発信を継続できるようにするために、必要なシステム導入やルール作りを支援するという。

CMS/システム導入では、サイト運用に必要なCMSや各種システムの選定・導入を支援し、CMSはAdobe Experience Manager/SITE PUBLIS /HeartCore/ Sitecoreなどのエンタープライズ向けCMSから、MovableType/PowerCMSなどの小規模向けCMSまでの実績を持つ。

KGI・KPI策定/PDCA支援についてはオウンドメディアの役割を踏まえて、KGI・KPIを策定するだけでなく、PDCAサイクルの構築・実施まで支援し、持続的改善によるCX(顧客体験価値)向上を実現するという。