(c)MBS

写真拡大

スマホなどのモバイル向けショートムービープラットフォーム「TikTok」で、先日安藤美姫が投稿した映像が話題を呼んでいる。

武井壮ならでは驚きのTikTok動画
 この映像が投稿されることになった発端は、6月3日に放送されたMBSテレビ『戦え!スポーツ内閣(水曜よる11:56)』での出来事。リモートによる番組収録の中で、レギュラー出演者の武井壮、ブラマヨ小杉、ナジャ・グランディーバ、そしてゲストの安藤美姫が、自粛期間中に家で何をしているのかという話題の中で武井壮が、ラグビーW杯日本代表の中島イシレリ・山田章仁やRISE世界フェザー級王者の那須川天心などがTikTokでアスリートならではの映像を上げていることに影響を受け、遅ればせながら自分も最近動画をアップしたことを告白。武井壮が逆立ち状態や50kgのバーベルを担ぎながら、音楽に合わせてリズムよく踊るという、武井壮にしかできないような動画が実際に紹介されると、ブラマヨ小杉らから「なんじゃこれ!」と驚きの声があがった。

ブラマヨ小杉の"ムチャぶり"で安藤美姫もチャレンジへ
 その後安藤美姫がブラマヨ小杉から「(TikTokは)やっていないの?」と話を向けられると、「2018年からやっていないー」と笑いながら回答。それに対し、小杉が「じゃあ、これを機会に新作撮ってくださいよ」と"ムチャぶり"をし、武井も「(安藤の投稿を)見たい見たい」と"挑戦状"を叩きつけると、逃げられなくなった安藤は「えーできるかなあー。。。じゃあ、久しぶりに何か頑張ります!」と快諾し、今回の"挑戦"に至った。

さすが「プロスケーター」の出来栄え
 追い込まれた形での撮影となった今回の企画だが、フタを開けてみるとこれまでにすでに7本も動画を投稿。その内容も、ワイルドな衣装と髪型でプロスケーターならではの激しい踊りを披露するものや、今TikTokで流行りの「#時を戻そう」のハッシュタグをつけての、23年前に人生初めて出場したフィギュアスケートの試合の演技の動画をアップしたもの、さらに愛犬ポッキーのコミカルな動きの映像など、TikTokの特性を生かし、ファンならずとも興味深い本人発信ならではの動画を揃えた、バリエーションに富んだ内容となっている。これに対し安藤は「どんな映像がいいか考えながら撮っているうちにだんだん楽しくなってきて、たくさんアップしちゃいました」とコメント。さらにそのうちの1つの動画に、安藤にTikTok投稿を煽った武井壮自身が「デュエット機能」を使って、バーベルを持ち上げながら一緒に踊るコラボ映像を投稿し、この動画に対し「す、すごいです!」「体幹えげつなすぎて笑う笑」などの賞賛の数々コメントが寄せられ、話題になっている。

     ◇

『戦え!スポーツ内閣』は、毎週水曜よる11時56分からMBSで放送。
https://www.mbs.jp/naikaku/