業務のため移動中車内からの会見を行った村井満チェアマン(オンライン会議アプリ『Zoom』)

写真拡大

 Jリーグは9日、公式戦再開後に無観客試合を開催するにあたり、ファン・サポーターによる横断幕やフラッグなどのスタンド持ち込みを一律禁止する方針を示した。村井満チェアマンは「苦しい思いですが、安全管理の観点から合意した」と理由を述べた。

 J1リーグは7月4日、J2・J3リーグは6月27日に再開予定。政府の方針では、7月10日ごろまでは無観客で試合を開催することが求められている。そうした中、現地で観戦することができないファン・サポーターのため、リーグ内でも横断幕やフラッグなどの応援バナーでスタジアムを彩る施策が検討されていた。

 ところが度重なる議論の末、応援バナーの持ち込みは見送りとなった。村井チェアマンは「Jリーグをずっと待ち望んでいるファン・サポーターの気持ちを大切にしつつ、健康を守り切らないといけない」と理由を説明し、次のように続けた。

「旗を持ち込んでスタジアムに設置したり、掲出をすることで密集を作って感染を招いてはいけない。またお預かりするときに大きな旗、小さな旗まで消毒が行き届くかが微妙な中、ファン・サポーターとクラブ関係者が接点を持ってしまう。無観客の状況では、お持ちいただいて掲出することはご遠慮いただこうということになった」。

 一方、クラブが自己管理で掲出するものについては、制限の「対象外」に決まった。すでにアルビレックス新潟やサガン鳥栖などは、サポーターを模した紙製人形をスタジアムに設置する企画をスタート。スタジアムにおける新たな工夫はクラブ主導の施策に委ねられることになりそうだ。

(取材・文 竹内達也)