長きにわたる構造的な人種差別と警察の残虐行為に抗議するため、全米で数万人以上の人たちが街頭での抗議デモに参加している。ミネアポリスの警官による暴行で亡くなった黒人男性、ジョージ・フロイドに対する“正義”を求めているのだ。

「抗議デモによる“人の密集”とは関係なく、新型コロナウイルスの感染者は増え始めている」の写真・リンク付きの記事はこちら

これらの抗議活動に対して、まるで軍隊のように武装した警察が危険な武器を使うようになっている。ゴム弾や催涙ガス、トウガラシスプレーといった非致死性の武器がデモの参加者やジャーナリストたちに投入されているが、その危険性は周知の通りだ。

ところが大規模な抗議デモには、さらに目に見えない脅威が潜んでいる。極めて重大な被害を及ぼす新型コロナウイルスは、依然として全米50の州で感染が拡大しているのだ。抗議デモでは他人の近くで叫ぶ人、歌う人、せきをする人があとを絶たないことから、今後数週間で壊滅的な感染が連鎖的に発生することが、ほぼ確実視されている(新型コロナウイルスが拘置所や刑務所で感染を広げるなか、警察が1週間で10,000人以上を逮捕したことも忘れてはならない)。

新型コロナウイルスは、通常は4〜5日間の潜伏期間を経て感染者に症状が出始める。これは無症状でない場合だ。

ところが、潜伏期間は最大14日にもなることがある上、検査を受けて結果を知るまでも時間がかかる。これらを踏まえると、抗議デモに関連する新規感染者の数が明らかになるのは7月になるかもしれない。

ミネソタ州を含む少なくとも14の州では、外出制限の緩和を受けて感染者数が増加傾向にあることが、科学者たちの間では明らかになってきている。これに伴って集中治療室(ICU)の満床も目立つようになってきた。

交差する「ふたつの問題」

感染者が急増するなか、疫学者らは各州が新たなアウトブレイク(集団感染)に対処するための検査や接触追跡のリソースを十分に整える前に、時期尚早の経済活動再開に踏み切ったことによる深刻な結果を目の当たりにしている。そして疫学者らは、これらの「ふたつの問題」が交差することに懸念を抱いている。

「いまわたしたちが直面しているのはシンデミック(複数の感染症の組み合わせによる複合的な影響)です」と、コロンビア大学メールマン公衆衛生大学院疫学部教授のチャールズ・ブラナスは語る。「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行と並んで人種的な不平等が蔓延しており、ふたつの問題が一体化したことで米国の問題が非常に深刻化しています」

ブラナスが所属するコロンビア州の感染症モデラーのチームは、新型コロナウイルスの感染拡大を追跡し、米国全土の病院・ICUの病床数や、人工呼吸器の需要の予測を試みている。チームは郡単位の症例データ、入院率、検査数に加え、スマートフォンから移動データをモデルに取り込むことで、向こう6週間の新規感染者数と死者数について、隔週ごとの予測を立てている。

このチームは5月上旬の段階で、月末までにフロリダ州やジョージア州、オハイオ州、テネシー州、ミネソタ州の一部など、多くの州で感染者が急増することを予測していた。これらはすべて早期に経済活動を再開した州や、企業への規制措置が緩かった州である。感染してから検査で発覚するまでには通常2週間というタイムラグがあり、さらに接触追跡が不十分なことで、「新型コロナウイルスの感染が大きく進行するまで、感染拡大の再発や指数関数的な感染の増加が覆い隠されることになります」として、チームは問題の重要性を強調している。

各地で急増する新規感染者

いくつかの場所では、すでにこの見通しの正しさが証明されている。

フロリダ州では経済活動再開の第2ステージが始まった6月4日、新たに1,419人が新型コロナウイルスに感染したことを州保健局が報告している。パンデミック(世界的大流行)が訪れて以来、1日あたりでは最大の増加数だ。同州では6月2日以降に毎日1,000人以上の感染が報告されており、州内の総感染者数は60,183人に達した。

一方、カリフォルニア州は6月1日に3,000人以上の新規感染者を報告し、マサチューセッツ州は同4,000人弱、アリゾナ州は2日に同1,127人と、ほかの州でもこの1週間は1日あたりの新規感染者数が記録的な伸びを見せている。アリゾナ州公衆衛生局の元所長であるウィル・ハンブルは5月30日、同州が2週間前に外出制限を解除したことを念頭に「こうしてデータに現れる数字はおおむね予測可能です」と、テレビ局「KSAZ-TV」に語っている。

コロンビア州の感染症モデリングの研究者で数学者でもあるセン・ペイによると、各州の経済活動再開と、グループがいま注視している感染者の急増というふたつの問題を、明確に切り分けることは少し困難であるという。検査数がロックダウン前より増加したことが、感染者数が増える原因となった事例もある。「感染者の増加と経済活動再開の因果関係を結びつけるのは、科学的にも難しい問題です」と、ペイは語る。

戦没将兵追悼記念日の影響も

だが、フロリダ州の少なくとも2つの郡、すなわちオレンジ郡(オーランドを含む)とヒルズボロ郡(タンパを含む)では、経済活動再開と感染拡大再発のタイミングがほぼ一致している。両郡とも4月はおおむね感染者が減少傾向にあったが、州が5月4日に大部分の企業の活動を再開してから2週間が経過し、感染者数が再び上昇し始めたのだ。

フロリダ州保健局のデータによると、オレンジ郡の7日間における1日あたりの平均新規感染者数は、5月の第1週に14件だったが、6月初旬には36件に倍増している。ヒルズボロ郡では同期間に22件から63件まで増加し、その傾向がより色濃く表れている。「このことから、経済活動再開が感染者数増加の一因となった可能性が高いと言えます」と、ペイは語る。

ペイのチームはいまのところ、戦没将兵追悼記念日の移動データをモデルに組み込んでいないことから、この記念日が最近の感染者の急増を加速させたかについて確かなことは言えない。しかし、オハイオ州のコロンバス保健局で接触追跡を担当するHIVカウンセラーのジョン・ヘンリー・ジュニアは、抗議デモが始まる前からすでに戦没将兵追悼記念日の影響による濃厚接触者の増加を確認していたと、6月4日の記者会見で語っている。

ヘンリーの仕事は、感染者と接触した可能性のある人に連絡をとることだ。数週間前までは1日あたり12人程度と連絡をとっていた。それがいまでは30人程度まで増えている。

「この1週間で連絡をとった人のほとんどは、感染者と接触した日が戦没将兵追悼記念日でした」と、ヘンリーは言う。「オハイオ州の人々は、外出し、ごく普通の休日を過ごしましょうというメッセージを受け取っていました。わたしたちはいま、その結果に直面しています」

性急だった経済活動再開

新型コロナウイルスに関連して米国下院歳入委員会で6月4日に開かれた公聴会では、米疾病管理予防センター(CDC)所長のロバート・レッドフィールドが、複数の州が経済活動再開に必要なCDCのガイドラインに従わずに再開に踏み切ったことを認めている。

CDCは、新規感染者数と新型コロナウイルス関連の救急搬送患者数が14日にわたって減少傾向を維持し、かつ陽性反応の割合が全体的に低下したことを州当局が確認するまで、ジム、サロン、飲食店などの営業再開を禁止することを推奨していた。レッドフィールドはコネチカット州議会議員のローザ・デラウロの質問に対し、「すべての州がその基準を満たしていたわけではありません」と語っている。

特に抗議デモが発生している地域においては、まもなくこれらの失策にデモの影響が加わり、複合的な問題となる公算が大きい。

ICUの病床数は、自治体の医療機関が新型コロナウイルスの新たな感染者急増に対し、いかに準備が整っているのかを示す重要な指標である。ミネソタ州では5月初旬以降、ICUに入院する新型コロナウイルスの感染者数が着実に増加している。同州では『The Star Tribune』が5月26日に報じたように、新型コロナウイルス関連のICUの使用病床数が、1日あたりで最大の増加を記録している。

ミネソタ州保健省の感染症・疫学・予防・管理担当官であるクリステン・エレスマンによると、6月5日の時点で州内のICUの入院数はわずかに減少し、パンデミックの影響が大きかった5月30日の263人から、248人まで減少していたという。とはいえ、この人数は同州の1カ月前における1日あたりの入院数の2倍近くに相当する。

そして、ツインシティーズ(ミネアポリス・セントポール都市圏の通称)では、ICUの89パーセントが現段階で満床となっている。「Politico」の報道によると、ミネソタ州で人口最大の郡であり、ミネアポリスとセントポールが所属するヘネピン郡とラムジー郡は、今後3週間でICUの病床数が不足することが予測されている。

抗議デモのあとに一般病棟とICUの病床需要が増加した場合、ミネソタ州は対応できるだろうか。『WIRED』US版は同州の緊急事態措置センターに情報を求めたが、この記事の公開時点では回答が得られていない。

「第2波」に対する懸念

すでにマスクの着用や社会的距離に関するルールがゆるい地域でも、ICUは満床になりつつある。アラバマ州モンゴメリー郡では、感染者の急増で病床数が逼迫した病院が、新型コロナウイルス患者を治療のために郡外に移送することを余儀なくされている。テキサス州ヒューストンでは、新型コロナウイルス関連の入院数が増加の一途をたどり、病院の管理者は今後2週間以内にICUの収容能力が限界を迎えるのではないかと懸念している。

コロンビア大学のブラナスによると、これらの新しい“ホットスポット”での病床不足は憂慮すべき問題であるという。だが、彼のグループによる見通しは、過去にいい意味で裏切られたことがある。3月と4月に初めて感染者が急増した際、医療機関が創造的とも言える方法で病床や病院設備を節約したことは予想外だったのだ。

例えば、1台の人工呼吸器を2人の患者に使用するための手順を策定した病院があった。別の医療機関では、病床を確保するために閉鎖中の施設を再開した例もある。

特にこれまで被害の大きかった地域での「第2波」に対するブラナスの懸念は、ICUを現在の収容能力のままで運用する上で十分な医師、看護師、臨床検査技師、清掃スタッフを確保できるかどうかだ。なにしろ、すでに300人近くの医療従事者が新型コロナウイルス感染症で死亡している。

「一部の都市部では、医療の最前線で途方もない数の犠牲者が出ています。多くの場合は代わりの人員を配置することが不可能になっています」と、ブラナスは語る。「ベッドがあったとしても、誰が担当するのでしょうか?」

警察の残虐行為という、より切迫した脅威

ミネアポリスで『WIRED』US版が取材したデモ参加者のほとんどは、衛生上のリスクを十分に理解した上で参加していた。特に有色人種のコミュニティにとっては、デモよりも警察の残虐行為のほうが、より切迫した実存的脅威であると考えられていた。

ある若い白人男性の教師は、自分たちが「次のジョージ・フロイド」になるのではないかと黒人生徒が心配しおびえているのを聞いて、抗議に参加することに決めたという。男性はミネアポリス西部の郊外にあるシャコピーの教師であること以外は素性を伏せている。「ウイルスの危険を顧みずにデモに参加しましたが、生徒たちの怒りと悲しみはそれほどだったのです」と、彼は言う。

実際に多くの医療従事者も、抗議デモが感染の第2波を生じかねないと知りながら、同じように感じている。6月2日には医師や看護師がスクラブ(医療用白衣)を着て歩道に立ち、ニューヨーク市のデモ隊に拍手を送った。6月第1週には1,200人以上の科学者、医師、ソーシャルワーカーが公開書簡に署名し、抗議デモが「人種差別の蔓延という重大な“公衆衛生問題”」を周知したとして支持を表明している。

ミネソタ州保健局は6月に入って新型コロナウイルスの検査範囲を拡大し、抗議デモやデモ後の片付け作業、自警活動の会合など、大規模な集まりに参加するすべての人を対象に加えた。これには症状が出ていない人も含まれる。同局は抗議デモの影響が最も大きい地域で検査所の設置を進めおり、健康保険や連邦政府の財政的支援の対象でない住民については検査費用を州が肩代わりするという意向を、ソーシャルメディアで伝えている。

有害な構造を是正するために

人種差別は、黒人やラテン系住民、ネイティヴアメリカン、貧困層が警察の残虐行為を受けるリスクを高めるだけではない。こうした人々のパンデミックに対するリスクも高めるのだ。

「黒人と褐色人種の健康状態は、現在のパンデミックが起きるはるか前から構造的な暴力と人種差別の影響を受けてきました」と、コロンビア大学のブラナスは指摘する。そして、ジョージ・フロイドの抗議デモに続いて何らかのかたちで新型コロナウイルスの感染が急増した場合、こうしたマイノリティーが最も大きな被害を受ける可能性が高い。

「この事態をシンデミックとして受け止めることで対策の効果を高め、新型コロナウイルスによる負担がこれ以上増大することを防ぐ。そしてさらに重要な点として、持続的な計画を策定することで、新型コロナウイルスを含む将来の健康危機に国が対処する能力を弱体化させ続けている有害な構造を是正する。これがわたしたちの責務なのです」

※『WIRED』によるBlack Lives Matterの関連記事はこちら。