キャスト&スタッフが10万ドルを寄付 Photo by: Jordin Althaus/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images

写真拡大

 人気刑事ドラマ「ブルックリン・ナイン-ナイン」のキャスト&スタッフが6月2日、ナショナルベイルファンドネットワーク(保釈金援助基金)に10万ドルを寄付した。

 米ミネソタ州ミネアポリスで5月25日、黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警察官に首を押さえつけられて死亡した事件から、全米で人種差別抗議デモが激化しており、逮捕される参加者が続出している。番組クリエイターのダン・グールは「『ブルックリン・ナイン-ナイン』のキャストとショーランナーは、ジョージ・フロイド殺害に抗議し、警察による野蛮な行為に異議を唱えている全米の多くの人々を支持します」とSNSに声明を発表し、寄付したことを明らかにした。

 「ブルックリン・ナイン-ナイン」は、ブルックリンにある架空の警察署を舞台に、お調子者だけれど実は優秀な刑事ジェイク(アンディ・サムバーグ)と仲間たちを描くコメディで、4月にシーズン7がクランクアップしている。