「スッキリ」のトップニュースは、俳優の生田斗真(35)と女優の清野菜名(25)の結婚。5年の間育んだ愛が実を結んだということで、久々に明るい話題で盛り上がった。

芸能レポーターの井上公造氏は「交際はずっと順調で、2年前にお互いの所属事務所に『結婚前提のお付き合い』と報告をしています。2人は今年(2020年)6月1日に婚姻届けを出そうと決めていました。ところが、コロナ騒動が起きて、色々迷ったそうですが、結局決めた通りにしたということです」と話す。

リモート飲み会の最後の最後で結婚報告

清野さんと言えば、ジャパンアクションアワードを3回も受賞した実力派アクション女優。井上さんは「高校3年生の時、好きな男性は『一途な人』と答えていますが、彼女自身も決めたことに対しては真正面から立ち向かう、非常に芯の強い女性です」と話す。

さて、2人の結婚初日、生田はタレントのウエンツ瑛士(34)と俳優の岡田将生(30)と3人でリモート飲み会をしていた。午後8時ごろから始まった飲み会は盛り上がり、午前2時ごろまで続いたというが、ウエンツさんと岡田さんが結婚報告を聞いたのは最後の最後。「報告は菜名ちゃんも一緒でした。5年の歳月を僕も岡田将生も知っていたので、それを聞いた時は涙が出るほどうれしかった」とウエンツ。

結婚初日の夫婦の時間を奪ったことには、ウエンツは「ごめんなさいとしか言えないが、何も言わずにいてくれた菜名ちゃんのことを考えると、やっぱりこのカップル最高だなと思いました」と話した。

橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「愛情も深かったのだと思いますが、5年間育んできたことに強さを感じます。『盤石』という感じがしますね」

司会の加藤浩次「10歳年齢が違うし、生田くんがちゃんと引っ張っているんだろうな」