自粛機関中はリモートバラエティーでも大活躍

写真拡大

「歩合制なので仕事がないと一文無しになるところでしたが、“支援金”が出て救われました。今回も出川さんが社長に掛け合ってくれたという噂が出ています」

 こう感謝を述べるのは、ウッチャンナンチャンや出川哲朗(56才)などお笑い芸人が多く所属する、芸能事務所「マセキ芸能社」の若手芸人だ。

 いま、お笑い業界は風前の灯火だ。新型コロナの影響で劇場が閉鎖し商業施設などでのイベントも軒並み中止。収入が途絶え、引退を考える芸人も少なくないという。

 こうした現状に対し、救済措置をとる事務所も現れた。

「吉本興業は、コロナで中止になった舞台のギャラの半額を補償し話題となりましたが、歩合制の事務所でこうした対応ができるのは限られます。マセキは、多くの所属芸人に支援金を複数回にわたって支給したようで、扶養家族のいる芸人は増額されたとも聞いています」(芸能関係者)

 冒頭の若手芸人は「出川の働き」を噂しているが、どういう理由か。実は、出川には事務所のギャラ制度を改革した“前例”があるという。

「ウンナンさんが売れ始めた頃なので30年ぐらい前でしょうか。当時のマセキのギャラはどんぶり勘定で明細すらなかった。それを出川さんが島田紳助さん(64才)に相談。紳助さんの後押しを受け、社長にギャラ制度の改善を直談判したんです。その結果、給料システムが整理され、いまでは交通費もシッカリと出る優良事務所に。マセキでは出川さんの男気ある行動が伝説となっています」(前出・若手芸人)

 果たして、今回の“コロナ手当”も出川の発案だったのか。真相を事務所に聞くと、「出川ではなく、社長の主導で進められたものです」とのこと。“ヤバイよ!ヤバイよ!”と言う前に動いたようだ。

※女性セブン2020年6月18日号