画像はイメージです

写真拡大

 田中亜由子(仮名・27歳)

 2年くらい前、30代の男性と付き合っていた時のこと。彼は優しい性格だと思っていたのですが、たまにイライラすると抑えが利かなくなるようなところがありました。例えば、オンラインゲームをしているのを隣で見ている時も、銃で撃ってきた人間がいたら、必ず反撃をしに行きます。それだけなら別になんとも思わないのですが、私がちょっと異様だなと感じたのは、相手プレイヤーが死体になっても、さらに銃を何度も打ち込んでいたのです。彼は「雑魚のくせによ!」とか言って、しばらく血の噴出する死体に打ち続けていましたね。ただのゲームだとわかってはいるのですが、怖かったです。

 ​>>飲み物の中に混ぜられていた彼の液体〜本当にあった怖い彼氏〜<<​​​

 また、街を一緒に歩いていた時、人通りの多い場所で彼が見知らぬ人と肩がぶつかったことがありました。その時も彼は、相手が許せなかったようで喧嘩腰で絡み始めたのです。相手は、手を軽く上げて“ごめん”というポーズをしてそのまま立ち去ろうとしたとしたのですが、彼はその態度が気に入らなかったようで追跡を開始。

 それで驚いたのは、彼は私のことを置いていき、相手をどこまでも追いかけていってしまったのです。その時、彼は歩き続ける相手の横にぴったりと張り付き、隣でずっと険しい表情で話しかけていました。後で携帯で連絡して合流すると、彼は「家まで行くぞって言ってやったら、やっと謝ってきたわ。俺の勝ちだな」とか言っていて恐怖でしたね。いつかこの人は警察沙汰の事件を起こすかもと不安になり、別れました。

写真・Rapid Spin