無観客でのホームゲームでは、サポーターの写真が印刷されたフラッグが選手たちのプレーを後押し、“熱い想い”を届ける。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 新型コロナウイルスの感染予防のため、中断していたJリーグも再開日がようやく決まった。J1は7月4日、J2は6月27日、同日にJ3が開幕する。

 今季はJ1昇格を最大の目標とするJ2のジュビロ磐田は、リーグ再開後はしばらく無観客での試合になることを想定し、『サポーターフラッグプロジェクト』を実施。クラブの公式HPで次のように呼び掛けた。

「選手達が最高のパフォーマンスを発揮するためには、サポーターの皆様の存在が不可欠。そこでジュビロ磐田では、サポーターの皆様からお送り頂いた写真を大きなフラッグにし、無観客でのホームゲーム開催時に掲げる『サポーターフラッグプロジェクト』を実施いたします。ぜひ皆様のお姿をフラッグに掲載し、選手に熱い想いを届けて下さい!」

 サポーターから送られた写真を大きなフラッグに印刷し、無観客でのホームゲーム開催時に南スタンド(ゴール裏)に掲げる。なお、当プロジェクトの収益金は、チーム運営費に使用される予定だ。

 申し込み期間は本日6月7日(日)の10:00から始まっており、6月12日(金)の正午12:00まで。その他の詳細はクラブの公式HPでチェックしよう。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】「Jリーグ歴代最強チーム」はどれだ!?|2002年ジュビロ磐田の特選フォトはこちら!