名古屋、クラブ施設の消毒作業を実施…8日、保健所の指導に基づき対応

写真拡大

 名古屋グランパスが6日、クラブ施設の消毒作業を実施することをクラブ公式サイトで発表した。

 Jリーグ再開に向けてチーム練習をこなしていた名古屋だったが、元日本代表FW金崎夢生が6月に入ってから体調不良を訴え、PCR検査の結果、新型コロナウイルスへの感染が判明。これを受けて、クラブは6日にクラブ公式サイトを更新。以下のような発表を行った。

「このたび、名古屋グランパスから新型コロナウイルス感染症の陽性判定者が発生したことを受けて、保健所の指導に基づき、清掃業者によるクラブ施設の消毒作業を実施することになりましたので、お知らせいたします」

 名古屋の発表によると、消毒作業は8日の13時30分から実施。消毒エリアはクラブハウス新棟1階、クラブハウス旧棟併設トイレ、練習用具などとなる。