プロ入りから浦和一筋のDF宇賀神友弥

写真拡大

 浦和レッズのDF宇賀神友弥が4日にツイッター(@ugadybarikata3)を更新し、自身に関するクイズに反応した。

 クラブは現在、公式ツイッター(@REDSOFFICIAL)で『#浦和レッズクイズ』と題し、各シーズンごとのクイズを出題している。4日の問題は「2010シーズンに宇賀神友弥、柏木陽介が加入。柏木は、J1 第10節 名古屋グランパス戦で加入後J1初ゴールを決めたが、宇賀神がJ1初ゴールを決めた試合は?」というものだった。

 宇賀神は同日に「これなんも調べないでわかる人はすごい」とツイート。2010年に流通経済大から加入した同選手は、7月28日に敵地で行われた第15節の京都戦(○4-0)でJ1初得点を記録していた。

 翌5日にクラブが「正解は、J1 第15節 京都サンガF.C.戦。72分にサヌに代わり出場。88分にポンテからパスを受け、左足でチーム4点目を決めました。試合は、宇賀神の他、サヌ、ポンテ、エジミウソンがゴールを決め、4-0で勝利しました」とツイートすると、宇賀神は自身のオフィシャルブログで「昨日のクイズ、正解は2010年シーズン第15節京都戦でした!! 初ゴールはロビーのパスから左足でした」とコメントし、「名古屋戦って言う人多かったけどあれは2ゴール目。あのシュートも凄かったなぁ」と第18節の名古屋戦(●1-3)で挙げた2点目を回想した。

 ルーキーイヤーの同年はJ1リーグ戦26試合に出場し、2得点をマーク。その後も浦和一筋でプレーを続け、J1通算では255試合15ゴールとなっている。