ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 コントレイルの圧勝で終わった日本ダービー。今年の3歳世代の戦いは、これでひとつの区切りがつきました。これから、3歳馬は古馬とも戦うようになって、今週からは早くも、来年の日本ダービーを目指す、2歳馬の戦いも始まります。

 とはいえ、東京競馬場でのGI5週連続開催はもうひとつ、戦いが残っています。春のマイル王を決めるGI安田記念(6月7日/東京・芝1600m)です。今年は、出走予定馬14頭中、10頭がGI馬という、過去に例がないほどの豪華メンバーがそろいました。

 それほどの顔触れが集うなか、最も注目を集めるのは、アーモンドアイ(牝5歳)です。勝てば、芝GIの最多勝利数を更新する、通算8勝目の栄冠獲得となります。

 前走では、「春の女王決定戦」となるGIヴィクトリアマイル(5月17日/東京・芝1600m)を大楽勝。今度は同じコースで、牡馬一線級と戦うことになりますが、再び「現役最強馬」らしい強さを見せることができるのか、必見です。

 個人的には今回も、アーモンドアイを信頼しようと思います。

 東京のGI5連戦ではここまで、そのアーモンドアイが勝ったヴィクトリアマイル以降、オークス、ダービーと3週連続で単勝1倍台の馬が勝っています。おそらく安田記念でも、アーモンドアイが単勝1倍台の1番人気に推され、勝つ可能性が高いと見ています。そうなると、本命党にとっては喜ばしいことかもしれませんが、穴党にとっては再び苦々しい存在になるかもしれませんね。

 もちろん、ヴィクトリアマイルと安田記念とでは、メンバーのレベルが違います。ヴィクトリアマイルほど楽な戦いはできないでしょうが、あの勝ちっぷり、これまでの強さを思い返すと、東京コースが舞台なら、どんな馬と走っても力負けすることはないと思っています。

 たしかに昨年は苦杯を舐めましたが、スタートや道中、直線を向いてからも、度重なる不利がありました。それでも、タイム差なしの3着。まさに”負けて強し”のレースでした。

 あれほど立て続けに不利を受けるレースは、そうそうありません。昨年の負けを持ち出す意味は、あまりないと感じます。

 また、デビュー以来初となる中2週のローテーションが懸念されているようですが、これも、中間の様子を見る限りは不問でしょう。体調に心配はなさそうですし、何よりヴィクトリアマイルが「調教代わり」と言ってもいいような、楽な競馬でした。反動より、むしろ上積みのほうが大きいのではないでしょうか。

 安田記念を勝つと、史上最多の芝GI通算8勝を飾ると同時に、古馬の東京・芝GI完全制覇となります。偉業達成となるか――それを楽しみにして、アーモンドアイの走りをしっかりと見届けたいと思います。

 アーモンドアイに勝てるかどうかは別にして、面白そうな存在と見ているのが、3頭出しで臨む「ダノン」の馬たち。そのうち、ダノンプレミアム(牡5歳)とダノンキングリー(牡4歳)の2頭が気になります。

 東京コースで、アーモンドアイを後ろから差すのは、ほぼ不可能でしょう。となると、勝つ可能性があるのは、アーモンドアイよりも前々で競馬ができる馬。普通の展開ではありませんでしたが、昨年も結果的には、先に抜け出したインディチャンプ(1着)と、逃げたアエロリット(2着)を、アーモンドアイは捕まえ切れませんでしたからね。

 その点、ダノンキングリーとダノンプレミアムは、先行力があって、好位抜け出しを得意とする馬。チャンスはありそうです。ダノンキングリーは、前走のGI大阪杯(4月5日/阪神・芝2000m)では逃げて3着でしたが、逃げたことは不本意だったらしく、今回は逃げることはないでしょう。

 さらに、同じ「ダノン」のダノンスマッシュ(牡5歳)は、前走の京王杯スプリングC(5月16日/東京・芝1400m)で逃げ切り勝ち。もしかすると、ダノンスマッシュが逃げてペースメーカー的な役割を果たし、2、3番手につけるダノンプレミアムやダノンキングリーにとって、レースを進めやすい展開を作ってくれるかもしれません。

 先週のダービーでは、コントレイルを囲むようにして、同じノースヒルズ関連馬のディープボンドとコルテジアが先行。コントレイルは、落ち着いてレースを進めることができました。

 同じオーナーや同じ厩舎の馬による”チーム戦”的なレース運びは、欧州では一般的。京王杯SCを勝った直後は、「安田記念には出ない」という話だったダノンスマッシュが、予定を変えて出走するということは、同じオーナーによる何かしらの狙いがあってのことかもしれませんよ。

 今年の安田記念は、アーモンドアイvs「ダノン軍団」という構図に、個人的には注目しています。


ハイレベルなレースでの一発が期待できるアドマイヤマーズ

 さて、今回の「ヒモ穴馬」には、昨年の「3歳マイル王」アドマイヤマーズ(牡4歳)を取り上げたいと思います。

 今回は、半年ぶりの復帰戦であることと、古馬相手の実績がほとんどないことから人気の盲点になっているようですが、3歳で海外GIの香港マイル(12月8日/香港・芝1600m)を制した実力は伊達ではありません。同レースでは、ノームコア(牝5歳)やインディチャンプ(牡5歳)にも勝っていますからね。

 この馬も、3月のドバイでのレースが中止になったことで再調整を余儀なくされた1頭ですが、アーモンドアイはよりタイトなスケジュールでヴィクトリアマイルを勝っています。加えて、4月の香港遠征を諦めて、矛先を変えたインディチャンプも、前走のGIIマイラーズC(4月26日/京都・芝1600m)で快勝しています。

 アドマイヤマーズもそれらと同じ生産牧場、ノーザンファームの外厩で調整されてきました。その調整力は、信頼していいと思います。

 そして何より、先にも触れた香港マイルでの勝利が光ります。陣営も、決して自信があったわけではないようですが、その勝負強さと意外性こそ、超豪華メンバーが集う今回のレースで、再び生きてくるのではないか、と期待しています。

 鞍上は川田将雅騎手。最近は、大舞台で今ひとつ乗れていない印象がありますが、今回は以前まで乗っていたダノンプレミアムやダノンスマッシュではなく、アドマイヤマーズと新コンビを組んで臨みます。会見では、「今まで(他の馬で)アーモンドアイには負け続けているので……」と、最強のライバルを意識するようなコメントをしていました。 一発を狙っての大胆な騎乗が見られそうです。楽しみにしたいと思います。